H体験談/肌を赤く染めて身悶える姿に萌え

ここは「H体験談/肌を赤く染めて身悶える姿に萌え」のページです

H体験談/肌を赤く染めて身悶える姿に萌え

俺、都内住みの23♂、彼女有セ有、秋葉系キモメン(なりきり)

相手 19♀、152/38、微乳 宮前るい似

2週間近くメールをする。写メは3ショット+乳を入手。巨乳嫌いの俺にとっては丁度良いサイズで期待が募る。ヲタ好きだと事前に好みもゲット。

渋谷で待ち合わせ。ヲタらしく普段着+コンタクトはしないで眼鏡姿。
大して中身の入っていない紙袋もちゃんと持参

ガードレールで座っている俺の前に宮前キター!!!!!
かなり幼いが、すっげ笑顔がカワイイ。

ここは秋葉系らしく 満喫へ連れて行く。初めての満喫らしく、ありえない位にはしゃぐ宮前。俺の方が恥ずかしくなる。

さっさとカップルシートに宮前を押し込みギラつきスタート
まずは(?)チソコに宮前の手を持っていく。嫌がらない。

可愛い娘を目の前に暴走しているヲタをあくまでも演じる。ヲタ好きってネタだろ?と思っていたが、宮前、十分にノッてきて勝手にジッパーを下ろしチソコをしごきだす。

はは~ん・・・どうやら十代にありがちな背伸びをする女の子のように年上相手に主導権を握りたいらしい。

カタメの乳に手を伸ばしながら耳やうなじに唇を這わす
「うっん・・・」鎖骨あたりまで肌を赤く染めて身悶える姿に萌え

宮前の身体をもっと堪能したかったがここはあえて我慢
彼女のリードに「ぎこちなく」応戦

小さめの口を更にすぼめて十分な吸引力でチュパチュパと懸命なフェラをする

気持ちはありがたいのだが、ここは満喫・・・音はヤバイっしょって事でソファに座らせた状態でデスクに両足を置き、下にもぐってクンニ

清楚な顔には不釣合いのヘア多めなおマソコは既にびしょびしょ
お姉ぶりたいとはいっても、まだまだ可愛い十代

「フェラしながら、こんなにびしょびしょになるなんて、るい(宮前)はホントにエッチなんだね~(鼻息荒めのハァハァ←演技」

ビクンと反応するおマソコ。頑張ってくれてはいても、やっぱりMなんだねぇ~
いつ店員がくるかとヒヤヒヤものだったが座位にて無事フィニッシュ

途中から覗いていたリアル秋葉君にバッチリ見せつけ、同志(?)の支持をガッチリ得て退散。現在も一日五通程度のメールでキープに成功

まだ幼いので、開発するのはめんどいしセフレにはしない予定。シートをあんなにびちょびちょにしておきながら、そのまま帰ろうとしないで下さい。

忘れ物を取りに行くフリをしてウエットティッシュ10枚も使って室内清掃をちゃんとしておきました。
関連記事

不倫相手募集~無料掲示板~


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する