H体験談/ロリ顔、激しく揺れる小さな胸 続編

ここは「H体験談/ロリ顔、激しく揺れる小さな胸 続編」のページです

H体験談/ロリ顔、激しく揺れる小さな胸 続編

前編は以下のとおり
ロリ顔、激しく揺れる小さな胸

朝一番、俺は仕事へ向かう、彼女は特別に10時までホテルに滞在させてもらい、その後大阪の友達と遊んだ。

そして、この日も俺は彼女と夜を過ごす事になる。梅田で遊び疲れた彼女と夜8時に待ち合わせ。仕事が終わった俺は梅田へ向かった。

仕事帰りの俺は待ち合わせ場所のJR大阪駅に到着、電話で場所を確認しながらあたりを見回す。と、歩道の上でちょこんと立っている辻を見つけた。

昨日と同じ服装だ。すぐに辻は車に乗りこみ、早速今日あった事を楽しそうに話しだした。友達とは楽しく過ごせたようで、車の中はその友達の話で盛り上がった。

昨日と同じパターンであるが、この日もまた別のファミレスに向かい、俺達はまるで恋人のように楽しい時間を過ごした。

(ムードのない俺はファミレス以外に思い付く場所がなかった…今思えばちょっと情けない)ご飯を食べ終わり、俺達は大阪南港へと向かった。

コスモタワーの見える広い道路脇に車を停め、「次会った時はあそこに昇ろう」と約束をした。他に、旅行に行こうっていう約束もした。

その時の俺は、お互い彼氏彼女がいる事は完全に忘れていた。2人の会話の中に、互いの彼氏彼女の話題などは全く出てこなかった。というか避けていた。

いない事にしたかったんだ。
しばらく時間が経った後、俺達は昨日とは違う難波のホテルへ向かう。

コンビニでシャツと下着と食べ物をかって、当たり前のように部屋に入った。

荷物を置き、嬉しそうに部屋を確認して廻る辻、可愛いなーと思いながらちょろちょろ動く姿を見てたらふと目が合った。

すると、辻は何も言わずこちらへかけより俺にキスをした。
俺の目を見つめ「好きだよ」彼女がいうと、「俺もやで」おれは答えた。

彼女のうるんだ目を見つめてたら、たまらなく愛おしくなり、思わず抱きしめた。すると辻は何故だか泣いてしまい、そして俺もつられて泣いた。

そのまま2、3分程たったかな?二人は離れ、お風呂入るねって言って俺が先に入った。続いて辻も入り、長い風呂の後、二人はまたソファで話を始めた。

フリードリンクを飲みながら、お互いの好きな曲や食べ物、学生の頃の話などで和む。しばらく話を続けたが、お互い疲れてきたのか話が途切れると少し無言の時間が続いた。

有線C12の洋楽バラードが流れる中、俺はそっと彼女の手をとりキスをして、ゆっくりと抱きしめた。「愛してるよ」と俺は言った。

愛してる、というのは前にも指摘を受けたとおり重みのある言葉だが、その時の俺はもう他に何もいらないと思う位彼女を好きになっていた。

ただ恋をしていただけなのかも知れない。
しかし、その時の俺は、その言葉の重みなどは全く考えていなかった。

今思えば、二人の情況を考えると非常に無責任な言葉だった。俺達は手を繋いで寄り添い、ソファに座ったまましばし無言の時間を過ごした。

辻は明日、千葉に帰らなければならない。そして俺もいつもどおりの現実の朝を迎える事になる。このまま朝がこなければいいのに、と俺は思った。

時計を見るとすでに夜1時を過ぎており、俺達はベッドに入ると同時にBGMと照明を最小限まで落とした。

さすがに俺も、二日連続で性行為に及ぼうとは考えておらず、そのまま眠りに就くつもりで目を閉じた。

意識も薄れ、このまま寝てしまおうかと思ったが、昨日とは違い今度は辻のほうから手を繋いできた。

ドキっとした俺は、サッと辻の方に目をむけた。辻はこちらをじっと見ていた。ウツロな目が可愛くてたまらず、俺は大好きだよと言った。

すると辻は恥ずかしいそうに、俺の胸に顔をうずめてきた。
俺はたまらず彼女を抱きしめ、可愛い可愛いと言いながら髪にキスをした。

辻はおれの勃起を察知したらしく、そんなつもりで勃起した訳でははなかったんだが「我慢できないんでしょ?いいよ」と言っておれの腰の上に乗ってきた。

自分から服を脱いで裸になる辻
抑えた照明に照らされる上半身がより美しく見えた。

じっと笑顔でこちらを見ている、たまらず俺は起き上がり、ギュッと抱きしめた。二人は裸のまま抱き合い、キスを繰り返した。

そして俺は仰向けに寝そべりオレンジ色の辻の体を下から眺めていた。
辻は笑顔でこちらをみている。

俺は彼女に征服されたような気持ちになりなにかヘンな心境だった。
辻は俺のパンツをぬがし、自分のアソコに俺のモノを挿入した。

その時気付いたのだが、辻は始めからパンツをはいていなかったんだ。
お互いにアソコは濡れていたので挿入はスムーズに行えた。

始めはゆっくり、そして徐々に強く乱れていく辻、オレンジの明かりに照らされ、自分の腹の上で、激しく腰を動かす辻がとても美しく見える…

照明やBGMの効果はあったにせよ、その動物的な姿に俺はとても感動した。

正直、俺は全く気持ちよくなかったのだが、彼女の心地良さそうな顔を見られて本当に幸せだった。

辻の体の動きはだんだん激しさを増していき、体中から汗が滲み出る。
抑えるような高い声がとてもセクシーだ。

そして辻は、高く弱い声と共に、俺の上でイった。イッた瞬間は腰をガクガクさせ、あとは脈動を伴いながら徐々に静かになっていった。

辻は横向けに倒れ込み、次は俺が上側になった。ゴムを着け、俺は仰向けの辻の足をひらけ、アソコにゆっくりとペニスを入れた。

正直、全く気持ちよくはなかったが、フィニッシュしないわけにもいかないので、超速ストロークでなんとかイった。

辻の性器を拭いてあげ、俺はゴムを外しすぐに横になった。意識が薄れかけるなか上着だけはおり、二人は風呂に入らずそのまま眠りに就いた。

朝は7時起きだ。手を繋いだまま寝てたので、手は汗でびっしょりになっていた。ホテルの朝食を食べ、余った時間で二人は写メを取り合った。

風呂には結局はいらず、辻は昨日買ったという長袖Tシャツに着替えた。
そして8時過ぎになると俺達はホテルを出発した。
関連記事

不倫相手募集~無料掲示板~


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する