Hな体験談/4カップルで脱衣麻雀 続続編

ここは「Hな体験談/4カップルで脱衣麻雀 続続編」のページです

Hな体験談/4カップルで脱衣麻雀 続続編

前編は以下のとおり
4カップルで脱衣麻雀
4カップルで脱衣麻雀 続編

徐々に呼吸を整えた藍は抱きしめた状態の俺の股間に手を伸ばし、逆手で俺の竿を握り締め、上下に動かし始める。

密着させた体を離し、藍は仰向けになった俺の体に半身で乗り上げ、チンポをしごきながら俺の乳首を舐め始めると、あっという間に入れたくてしょうがなくなる。

藍に合図すると頭を股間に滑らせ、挿入前のお掃除フェラを始める。カウパーと唾液で赤黒く光るチンポが藍の薄い唇に包まれ、口の中に沈みこんでいく。

ジュブッジュブッと音を立てながら上下する藍の頭を抑え、顔を傾けてみんなが座る方を向かせると誰かと目があったのかテレ笑いをする。

と同時に緩んだ唇の端からチンポが飛び出し反動で藍の頬にあたり、唾液の糸を引く。エロ過ぎるww

フェラに満足した俺は藍と体を入替え、皆に向かって横向きに体を寝かせ、腰を突き出させて体を密着。手で更に腰を引き寄せ、藍のびしょ濡れになった割れ目にいきり立ったチンポをあてがう。

軽く力を入れ突き出すと、カリの部分が藍の膣の中に沈みこむ。
藍の秘部は濡れすぎて滑るようにスムーズだ。

だがこの日の俺の興奮しきったチンポはいつもよりワンサイズ大きい。

少しずつピストンを深め、尻に腰を打ち付けながらより深く挿入する為片足を開いて持ち上げ、腰を割り込ませると「んっ!んああああん!」と声を張り出した。

そのままの状態で再び乳首とクリを指で攻める。
クリの攻めに腰を引かせると挿入は更に深くなり俺の肉棒をくわえ込む。

藍は喘ぎながら目の前のハダカの3組を虚ろに見つめている。

A,B,Cとも股間を隠さずいるので激しく勃起し、それぞれの旦那に寄り添う女性の手がチンポに触れている。

小雪とAはこちらを見ながら時折いやらしいキスを重ね、お互いのカラダをまさぐりあっている。Bは麻紀に何かを耳打ちしながら小ぶりの乳首を指でつまんでいる。

ぐぢゅっぐぢゅっと音を立てて寝たままバックの姿勢で突く度、藍は「あん!あん!」と声を荒げる。名前を呼んでも返事がない。

完全に恍惚の表情になっている。ここで俺のいたずら心が芽生えた。
藍の体を持ち上げ、俺の体の上に載せ、仰向けになって脚を広げる。

体の向きを変え、布団を折りたたんで体の下に差し込み上体を起こすと3組に向かって結合部が丸見えになった。

「みんなに丸見えになっちゃってるよ?」
と話し掛けると藍は閉じた目を開き我に返ったように

「んぁ?・・いや!・・あっ・・やだ!・・あっ!・・恥ずかしいよ!見ないで!」と手で隠そうとするので片手でがっちりロックし腰だけで下から突き上げる。

再度手でクリをいじくり回すと、俺の体の上で大きく反って軽く痙攣し「またいっちゃう!いやあああ!」と叫んで果て、再び脱力した。

「見てあげて」というと麻紀が近づいてきて「すごーーい。入ってるー」ほかの5人もその周りを取り囲んで「エローい」「グチョグチョに濡れてるよ」と煽る。

藍は自分のマンコに肉棒が出し入れされるのを 「ウン・・あん・・ダメ・・」と言いながら見つめている。その目はウルウルと完全に涙目になっていた。

藍の体を自分から下ろし、一旦抜いて布団の上に仰向けに寝かせる。
脱力しきった両足を持って開き、その中心に向かって一気に突き刺す。

腰骨を抱いて持ち上げ、快感に緩くなったマンコに激しいピストンを繰り返すと射精感がすぐに高まり、腰を止める。

「そろそろいくよ?」と声をかけると髪を乱しながらこくんと頷く。

「じゃあこれで終わりね」と、しんと静まり返ったギャラリーに声をかけ最後20秒のラストスパート。

早く長いストロークはパンパンパンパン!と肉同士のぶつかり合う音を響かせ藍はそのリズムに合わせて「ひっ!あっ!んんっ!」と喘ぎ眉をしかめシーツを握り締める。

太ももから尻までを濡らした愛液は俺の陰毛をもビショビショに濡らし泡立つ。

愛の顔を引き寄せ唇に舌をねじ込むと射精感が最大に達し、ヌラヌラになった肉棒を引き抜いて腹の上に射精する。

肉棒はドクンドクンと大きく振れ、先からは白い液体が勢いよく溢れ藍のへそのあたりに溜まってこぼれ落ちる。

Bが投げたティッシュの箱を受け取り、何枚かを抜き取って精液がこぼれないよう藍の腹の上にかける。

はぁはぁと肩で息をする藍の頬にキスをして横に倒れこむと他の3組は揃って拍手してくれた。

ギャラリーにVサインをしてみせると麻紀と目があったので「どうだった?」と聞いてみると「すっごい興奮しちゃった。濡れちゃったよww」

由美「激しかったねー!」
C「いつもこんな感じ?」
B「藍ちゃん気持ちよかった?」

藍「……」
藍は恥ずかしさのあまりうつむいてシーツに包まっている。

「あっ!あん!んん!」!!
試合後のインタビューが一通り終わったところで小雪が突然喘ぎだした。

四つん這いになった小雪のうしろにはAが中腰で腰を振っている。
全員が小雪のプルプル揺れるオッパイに注目する。

小雪:「あっ!やだっ!ダメッ!あとにしようよー!」
A:「ダメだ、あんなの見せられたらもうガマンできねえよ。」

小雪:「ああっ!あああああん!」
……その後は4組順番に鑑賞会。
関連記事

不倫相手募集~無料掲示板~


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する