H体験談/スカートの中に潜り込みパンツを下ろしクンニ

ここは「H体験談/スカートの中に潜り込みパンツを下ろしクンニ」のページです

H体験談/スカートの中に潜り込みパンツを下ろしクンニ

20♂ 175/63 独身彼女無、暴れん坊将軍似、写メ有

相手 19♀ 160/48 独身彼氏無、山口もえ似、写メ無

途切れ途切れにメールすること2ヶ月、いまいち盛り上がらなかったが、会う雰囲気に。直前に写メ送るとまずまず気に入ってくれた模様。

夏休み遊び相手になってくれたらいいなくらいに思っていた。

渋谷ハチ公前で待ち合わせ、待ち合わせ場所に、山口もえキターっ
まあ、美人と言えば美人。ただ、胸はAかな…。

飲みながら食事をする。相手緊張のためか、あまり話さない。
俺、一生懸命話すが雰囲気はイマイチ重い。

店を出て、散歩、ダメ元で手を握ってみる。意外や意外、遠慮がちに握った手をぎゅっと握り返してくる。そのまま公園へベンチに座るとキスを求めてくる。

ぎこちなく応える俺。思い切って胸を、むんずっ。嫌がらない。
乳首を探し出して優しくツンツン、相手の息は既にかなり荒い。

しばらくすると腕をとられアソコへと導かれる。
ざらざらした陰毛の感触を感じた後、にゅるっとした感触に手が届く。

優しく指まん、周りに人がいるも、かすれかすれ声を出しちゃってる。
しばらく指で攻めた後、彼女を立たせ、スカートをまくらせる。

スカートの中に潜り込み、パンツを下ろし、クンニ。風呂入ってないから、さぞかし臭いだろうと思ったけどミネラルってな匂いで臭くない。

いきなり穴に舌を突っ込むと「ひぐっ、あーん、あんっ」と、かん高い声を出す。そのままクリまで舐めあげると足をガクガクさせながら絶え間なく喘いでいる

「もう立ってられないよ~」と言うのでスカートから顔を出すと、大量の野良猫にエサを与えるのを日課としてるっぽい、おばちゃんが至近距離に立ってるーっ!

こっちを気にしつつ、猫にエサを与えるおばちゃん。こんなとこで、ひるんでなるものかと俺はベンチに座り直し、チャックを下ろしモノを取り出す。

おずおずと口に含む彼女。気持ちいいー。超気持ちいいーっ。真っ赤な顔で巧みに舌を使う彼女、ちら目で見てくるおばちゃんと多数の猫。

思わず、彼女の口の中に出してしまった。一滴残さず飲んでくれる彼女。
彼女のことが好きになった。性欲が満たされて、ピュアな気持ちになった俺。

そのまま、セックスはなしで駅まで一緒に歩いて解散。
後日、付き合いだしました。

最初が最初だっただけに、その後も野外で指まん→クンニ→フェラ→俺、満足。→帰宅の流れでセックスは無しでしたが、何回目かの野外プレーの時に「わたし、もう我慢できな~い」と潤んだ目をしながら、無理やり、ベンチに座る俺の上に跨ってきて、初めて結ばれました。

すごい腰使いでした。焦らした甲斐がありました。
関連記事

不倫相手募集~無料掲示板~


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する