H体験談/絶妙の締め付け、突き上げてくる腰の動き

ここは「H体験談/絶妙の締め付け、突き上げてくる腰の動き」のページです

H体験談/絶妙の締め付け、突き上げてくる腰の動き

後輩のアヤコが酔って夜中におれの部屋に転がり込んできた。

タクシー代払って、ソファに寝かせたが、苦しそうになって吐いてしまった。しょうがないので脱がして、おれのパジャマを着せて寝かせておいた。

初めて体を見たが、吐いたせいもあって、全然興奮しなかった。

福祉系の学校に行っていて、自習中に知り合った年下男と卒業したら結婚の予定。実家が反対してるとか、家系に遺伝の問題があるとか、彼氏のことを相談されていた。

一人でベッドで寝ていると、さっきのアヤコのぽっちゃりした体や、彼氏とどんなセックスしたという話を思い出して、興奮してオナニー。

寝込んでいると、明け方アヤコがベッドに入ってきて目が覚めた。
「ごめんね、迷惑かけて」とかいって、抱きついてくる。

こっちも興奮してやろうとすると、潜り込んでフェラチオしてくれた。満足して寝込んで、週末なのでゆっくり寝て起きると、アヤコが朝食をつくっていた。

夕べは気づかなかったが、ぴちぴちのスパッツ風とタンクトップからむき出しの脇を見て、後ろから抱きつき畳の上に押し倒して下だけ脱がすと、すごく濡れている。

我慢できずにおれもパジャマの下だけ下ろして挿入。

「出さないでね、お願い」と何度も言われるが、甘酸っぱい体の臭い、絶妙の締め付け、突き上げてくる腰の動きで、しっかり腰を惹き付けて中に射精。

その時はアヤコも足をおれの尻に回して腰をぐりぐりさせていた。終わってわびると「いいのよ」と、それから決まって週末遅く来るようになった。

必ず酔っていて、彼とのデートの後。

彼とも中出しなので、「フェラで我慢して」といわれたが、さっきまで抱かれていたアヤコのぽっちゃりの体を抱くと、かえって興奮しておれも中出し。

抜き差しすると、彼の精液が出てくるようで非常に変な気分だった。
結局予定通り彼と結婚し、おれも結婚式に出た。

結婚後はさすがに泊まりに来ることはないが、月に一度くらいは酔って家に来て、何も言わずにセックスだけして、汗びっしょりのまま帰って行く。

5年前ぐらいのこと。
関連記事

不倫相手募集~無料掲示板~


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する