H体験談/人妻とホテルHした話

ここは「H体験談/人妻とホテルHした話」のページです

H体験談/人妻とホテルHした話

人妻とホテルHした話を。
過程は省くがある日面識の無い人妻とメル友になった。

当時俺23歳(社会人)
人妻26歳(今井ひろの似、以下ひろの)

ひろのは旦那アリ子アリで特にエロいメールをやりとりする事もなく、子供の誕生日ケーキの写メを送ってくれたり、ひろのが毎日ジョギングしてるとか他愛のないやりとりだった。

ある日お互いの写メを交換する事になったが、この時俺は勝負仕様の奇跡写メをひろのに送った。

『すご~い!カッコイイね俺君!モテるんじゃない!?』
今考えればひろのが上手く誘導していたんだが完全にウカレた。

俺も『ひろのさんもカワイイ。よくナンパされちゃうでしょ?』とジャブで返す。

実際に可愛かった。そして、お互いに相手を気に入った後は、エロいやりとりになるまで時間はかからなかった。

ひ『変わった場所?カラオケボックスの中でしたことあるよ★』
ひ『あたしフェラチオうまいよ?ペロペロ~って。』

そんなメールをやりとりするようになったある日、俺もかなり頭の悪いメールを送った。

俺『ひろのさんエロすぎ。我慢できなくてひろのさんの事考えながら一人Hしちゃった。』
後から考えれば、どうやらこの一人Hメールでひろのにスイッチが入ったらしい。

ひ『…俺君ずるい。そんな事言われたら眠れなくなっちゃう。』
俺『じゃあひろのさんも俺の事考えながら一人でして?』

ひ『ダメだよ、隣の部屋に旦那いるもん』
俺『じゃあ、いつかひろのさんの一人H手伝ってあげたいな』

この時点でヤレる確信があった。その数日後の昼過ぎ。

ひ『今まで車の掃除してたよ♪これから○○まで水着買いに行くけど付き合ってくれない?』

まさか向こうから誘ってくるとは思ってもみなかった。もちろん断る理由はない。

俺『じゃあ△時に○○駅で』
ひ『うん、じゃあ水着買ったあとカラオケしてごはん食べようね♪』

そして無事に待ち合わせて実際に会うひろのは写メ以上に可愛かった。毎日ジョギングで維持しているだけあってスレンダーな体。

気取らずによく笑い、愛嬌がある。モテるタイプだろうな、と思った。正直ストライクゾーンど真ん中。

まあ俺の方は奇跡写メを送っていたので「アレ?なんか違くない?」みたいなリアクションされたが。

ただ歩く間に俺から手を握ったら向こうも握り返してくれた。心の中でガッツポーズの俺。水着を買いにデパートに向かう間に色々と聞いた。

旦那さんは不動産屋で仕事が忙しくあまり構ってくれない事。就職してすぐに結婚したのでOLしながら遊んでる友達が羨ましかった事など。

そしてデパートに到着し水着売場で水着を選ぶ。夏を前にしてカップル連れが多いとはいえやはり落ち着かない。

そもそも女物の水着売場なんて来た事ないし、一緒に選ぶって言ってもひろのの好みなんかわからない。結局ひろのはビキニの水着を持ち試着室に入った。俺は少し離れて待つ事に。

(試着ブースが並んだエリアの入口にもカーテンがあり、店員が一人づつ♂を試着エリアのカーテン内に連れて入るシステム。着替えが♂に見えないように。)

少し待つとギャル風の店員が「…俺さん?」と呼びに来た。
「…!」

よく考えればお互いにフルネームを教えてなかった。

店員にしてみればひろのが彼氏を呼ぶのにファーストネームしか教えないイタい女に見えた? まさか今日が初対面の不倫デートだとは思わないはずだけど。

ともかく水着に着替えたひろのはエロかった。ビキニが似合うスレンダー美人ってだけでなく、さっき直接会ったばかりの人妻が目の前で肌を晒しているシチュエーションに興奮した。

「か…かわいいよ!最高!」
本心からの言葉だけど照れ臭くてどことなくぎこちない。

ひろのがカードで支払い、サインを済ませる間もサイン名が目に入らないよう離れる。不倫デートならではの気遣いのせいで、ギャル風店員の訝し気な視線を感じつつ水着売場を出た。

この後はカラオケしてご飯食べに行く…はずだった。
だが、ひろのは旦那が帰って来るまでに家に戻らなければならない。

それに初対面で水着姿を見せつけ、積極的に手を繋いでくる相手に細かい段階を踏むのは馬鹿らしく思えた。

手を繋いだままデパートを出て服屋やカフェの前を通り、しばらく歩き路地裏に入る。

そして当たり前のようにラブホテルの扉をくぐる。オサレな外観と内装が人気なホテルだが運良く空室があった。

エレベーターに乗り部屋に入るまでひろのは抵抗しなかった……
が、ベッドに腰掛けると信じられない言葉を吐いた、いや、吐きやがった。

「…え?何ココ…?レストランかと思ったのに…」

いやいやいや、ちょっと待てや!誰とも顔を合わせず部屋が選べるレストランてナニよ!? あくまで「強引にラブホに連れ込まれたから」なんて都合のいい言い訳が欲しいのか…

まさか本当に部屋に入るまでラブホと気付かなかったのか…
どちらにしろ俺の中でここからの展開は決まっていた。

手持ち無沙汰に部屋のカラオケ本をめくるひろのを引き寄せて強引に唇を奪う。

合わせた唇の下でひろのの腕が俺を突き放そうと動く。もちろんそれに構わずひろのの唇を貪る。

「ぁん…いや…ダメだって…」
俺に抱きしめられキスされながらも嫌がるポーズは崩さない。

それでも腰に手を回して逃げられないようにしてキスを続ける。
抱きしめたまま10分もキスすると俺を押しのけようとする力も弱くなってきた。

その変化を感じとると「今度はひろのちゃんがキスして」と耳元で囁く。

ひろのは唇を離し、今度は自分からゆっくり押し当ててきた。丹念に上と下の唇を舐め、口の中にまで舌を侵入させる。

ひ「どう?」
俺「すっごい気持ちいい…」

満足そうな表情を浮かべると俺のほっぺたにもキスをした。そこから首筋にも。
「ん…」思わず声が漏れたのを聞き逃さず今度は首筋を舐める。

二度、三度首筋に舌を這わせるとまたディープキスをしそのまま顎、今度は喉仏のラインを舌で愛撫する。

「う…あ…」
声が漏れるのを必死でこらえる俺を、ひろのがベッドに押し倒す。(次回へ続く)
関連記事

不倫相手募集~無料掲示板~


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する