H体験談/交際クラブのHPに載ってた

ここは「H体験談/交際クラブのHPに載ってた」のページです

H体験談/交際クラブのHPに載ってた

おれは都内のとある会社務め。

ある日、関西に本社のある会社の担当が新しい担当になる女の子連れてきた。
「このたび大阪本社から参りました水野と申します。よろしくお願いします」

引き継ぎはつつがなく行われたが、なんか見たことあるな?と頭に引っかかった。で、家のPCでとあるHPを見たとき疑問が解消した。(この子じゃん)

それは、おれがたまに利用する交際クラブのHPだった。
あまり修正の入っていない写真は水野さんにそっくり。

「関西から来たばかりで東京のことはよくわかりません。色々連れて行ってもらえるとうれしいな」 みたいな文章も裏付けている感じだ。

思い切って指名してみるのがおもしろいか?いやいやそれだと指名料がかかっちまう。会社のアドレスしか知らないのが、それを使うのはちょいまずい。

ということで水野さんに一席設けてもらうことにした。

当日。元担当も一緒にきやがったが、お前にはすでに用はない。
まあ、気を利かせたのか1軒目で彼は帰った。

「軽くもう1盃飲みませんか?銀座でいいバーを知ってるんですよ」
「えー、銀座のバーですか?行きたいですー」

で、場替え。水野さんはちょっと酔っててさりげなくボディータッチなぞしてくる。これ、秘密しってるよ?なんて話しなくても落とせるんじゃね?って感じだった。

でバーでしばし歓談。カウンターの下で軽く太ももに手をのせたりしてみるがあまりいやがらない。(これはまずいける)と確信。

しかし、以前女関係で大分まずいことになったことのあるおれはちょっと待てをかけた。まあ、そういうことがあったから割り切った交際クラブ使ってるのだが。

バーテンダーさんがカウンターの反対側で歓談してるすきに勝負をかける。

「銀座ってきたことある?」
「少しはありますよ」

「交際クラブとか?」ぎょっとした顔でおれを見る水野さん。
そう、入会してる交際クラブの事務所は銀座の片隅にあったのだ。

「おれ、HP見ちゃったんだよね」
「………」顔を伏せる水野さん

「ああいうの、会社とかにばれちゃちょっとまずいよね?」
「………」

「あ、でも大丈夫だよ。誰かに話す気はないし」
探るような目でこちらを見る水野さん

「どうしてああいうとこに登録してみたの?」

話を聞くと最近の不況でボーナス、諸手当がカットされ大分苦しくなる、で、東京に転勤になったのを機にバイトを探して交際クラブに行き当たったと。

「もう何人か会ったの?」
「二回連絡があったけど、両方仕事で会えませんでした」

まだ色々知らないならこっちの言う通りに…

「月にいくらくらい稼ぐつもりだったの?」
「5くらい。」

「じゃあ、おれと契約する?」
「え?」

「月に5で2、3回会ってエッチするってのでは?もちろんいろんなことは秘密で」
「秘密で?」

「そう」

水野さんクラスの女は普通は1回会って5かかる。でも月に2~3回会っても5。その代わり秘密はバラされないし、月に5は確実に入る。

お互いにとってそう悪い取引ではない。(交際クラブでは定期さんができない限り男の指名がかからなければ収入はない)

「そう。HPの見つけたのがおれだから本当によかったよ」
「今後ほかの人に見られる可能性もあるでしょ?おれと契約すればクラブやめられるんだしさ。」

それに付けこみ安く愛人化しようとしてるのでよくはないw
「そうですね、川島さん(おれ仮名)なら。お願いします」
堕ちたw

「じゃあ、早速体の相性確かめに行く?」
「ごめんなさい、今日はあれなので…来週では?」

「いいよ。」 後で聞いた話では、実はアレではなかったのですが、心の準備ができてなかったそうです。

普通に誘われたらホテルに行ってもいいかな?とは思ってたそうですw
そして翌週。待ち合わせに来た水野さんは胸の谷間を強調するような服装。

ちなみに簡単なスペックは
顔:AVの麻美ゆまに似てる。セミロング。
身体:やや細身の体にDカップ装備。
年齢:24
関西人なのでたまに関西弁が混じる。普通は標準語をしゃべってる。
んな感じかな。

軽く飲み、仕事の話などを。でも緊張してるのは伝わってくる。
こちらもシチュエーションの微妙さにいつもになく緊張。お互い酒を過ごした感じ。

「じゃあ行こうか?」
「はい…」

取ってあったシティーホテルに。

「私、こんなホテル来たの初めてです」とちょっとテンション上がる水野さん。
「そう?これからは何回もこれるよ」
「はい…」

初めてなので別々にお風呂に。先に入ってベッドに横たわっていると何となく眠くなってくる。おっさんのじっくりセックスで喜ばせるのはたるいので、今日は商売女セックスに。

バスタオルを胸まで巻いて出てくる水野さん。
こちらはベッドにマッパで横たわってる。

「明かりを…消してください…」
「だめだよ。それよりよく見えるようにそこでタオル外して」

「恥ずかしいです」
「おれと契約したんでしょ?」

「はい…」タオルを外す水野さん。結構いいスタイル。
いい買い物だったw (次回へ続く)
関連記事

不倫相手募集~無料掲示板~


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する