H体験談/交際クラブのHPに載ってた 続編

ここは「H体験談/交際クラブのHPに載ってた 続編」のページです

H体験談/交際クラブのHPに載ってた 続編

前編は以下のとおり
交際クラブのHPに載ってた

「はい…」タオルを外す水野さん。結構いいスタイル。いい買い物だったw
「おれのこと、気持ちよくして」

「はい…」と従順なゆま(なんか水野さんだとあれなんで、ゆまにします)軽くキスの後、おれの乳首を攻め始める。そのあとは定型通りにフェラに移行。

激しいバキュームとかはないが、じっくりと丁寧に舐め回すようなフェラ。結構気持ちいい。

「空いてる手で玉をさすって」「あなるのすぐ近くまで舐めて」とのリクエストにもすぐに対応。さすがにできる営業ではある(実際に仕事はできる人ですw)

結構気持ちよくなってきたので攻守交代

「フェラしてると興奮する?」
「少し」

「フェラしてるだけで濡れてきちゃう?」
「そんなことは無いです」

「そう?じゃあ調べさせて」
「え?」

「おれの顔の上に跨ってごらん」
「え、?そんなの…恥ずかしい…」

「わかってるよね?」
「…」

体をずらし、おれの顔の上に跨るゆま。
股間が近づいてくるだけで芳醇な臭いが薫ってくる。これは絶対に濡れている。

真近にきた股間を見ると、やはり陰毛までしとどに濡れている。

「ほら、やっぱり濡れてるよ」
「分かってたくせに…いじわる!」

濡れた陰毛をかき分けアソコを露出。いつもならクンニなところだが、酔ってたるくなっているので枕の下からローターを取り出し有無を言わさず押し当てスイッチオン。

「ああっ!なに?」腰が跳ねるゆま
「何ってローターだよ。使われたことあるでしょ?」

「ないっ!ないっ!強すぎるっ止めて!」
「だめだよ。強すぎるとどうなるの?」

「いっちゃうから、すぐにいっちゃうから!止めてーっ!」
「いいよ、いっちゃっても」といい位置でクリに当てる

「だめ!いっちゃうよ!いっちゃうよ!逝くーっ!」
腰をびくんびくんさせるゆま

「いっちゃったよ…」
「ん、まだまだいけるでしょ?」と再びクリに

「ああーっまたいくっ、またいくっ!逝くーっ!!」簡単に逝った。どうやらゆまは何回もいけるタイプのようだ。面白いので10回くらい連続で逝かせてみたw

息も絶え絶えでどうにか体を支えてるゆま。ゆまの腰を持ちそのままいい位置まで体を持っていきペニスをゆまの割れ目に当てる。

「ハアハア、ちょっと休ませて。お願い、ねえわかるでしょ?」
「欲しいんでしょ?」とゆまの腰を沈めさせ、同時に腰を突き上げる。

「ああーっ!!!」
「入っちゃったよ」もちろん生だがゆまは気づいてない、というか頭が回ってない。

「だめ、そんなにしたら…ねえわかるでしょ?」ねえわかるでしょ?ってのが口癖らしい。もちろんガンガン突き上げる。

「だめーっまたいく、またいく…」ガクガクしながら潰れるゆま。
こちらはゆまを抱きしめながら腰だけは高速で突き上げる。

なんか液体が顔にかかったと思ったらゆまのヨダレ。完全にいってる。
こちらも飲みすぎで激しく動いたのでちょいつらくなる。

「そろそろ出るよ」
「あうー」みたいな言葉にならない返事

「うっ」さすがに抜いて下から割れ目と尻にかけるような感じでフィニッシュ。その後はお互い果ててその恰好のまま眠りについてしまった。

ちなみにゆまの下着は黒のレースに紫のサテンが入ってるようなやつ。
下はTバックではなく尻の形がよくなる短パンみたいなやつだった。

その後は仕事は仕事できちんと、遊びは月に2-3回とのことだったがゆまの希望で4-5回会ってる。おれとのセックスはすごくいいらしい。

でも玩具を使うのは休みの前日にしてください、とはいわれたw
まあ、他の女だったら一回5かかるが、月に5なので助かってる。

セックスの相性もいいし、ゆまが大阪に戻るまでは続けようかな?と思ってる。
ゆまも毎月5入ってくるのはすごく助かってるらしい。こんなとこです。
関連記事

不倫相手募集~無料掲示板~


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する