H体験談/ヤンキーの女の子、白ジャージと制服

ここは「H体験談/ヤンキーの女の子、白ジャージと制服」のページです

H体験談/ヤンキーの女の子、白ジャージと制服

ささやかな思い出だけど。数年前、20代後半だったころ、仕事帰りに車であるコンビニに寄るのが日課だった。

コンビニに寄って漫画雑誌を読んで、タバコと雑誌とビール買って帰るんだけど、割とコンビニで時間を潰す事が多かった。

コンビニの前に喫煙所とベンチがあったからそこでタバコ吸いながら買った雑誌なんかを良く読んでた。というのもその頃実家暮らしで息が詰まってたんだな。

恋人もいなかったし、ゲームもやらないし、かといってパチンコやらそういう時間を潰せる趣味も無かった。

そして仕事上でもその頃の俺は営業の調子が激烈に調子悪かった。

うちの会社は一回の取引が上手くいけば2億位の売り上げになって、営業としては年に2社取ると4億でこうなると相当鼻が高い。

廊下の真ん中を肩で風切って歩ける。ただ逆もあって上手く行かないと1年で0円って事もある。これは辛い。

仕込みとか刈り入れの時期とか細かい部分はあるけど誰が何と言おうと営業は結果が全てだし、1年間0円とかなると精神面でダークサイドに落ちる直前になる。

で、当時の俺は2年連続で0円コースをひた走ってる真っ最中だった。
つまり思いっきりやさぐれてた。

自分で言うのも何だけどそれまで割といい営業で4半期に一度の営業総会で壇上に上がったことも何回もあったし、難しい案件を取った事もあった。

同期の中じゃTOPクラスで胸張ってたのが、20代後半の壁に行き当たったんだな。今じゃ笑い話だけど、当時は本当にどうしたら良いのかも判らなかった。

で、まあ良く会社終りの10時頃、そのコンビニの前でタバコ吸って1時間くらい漫画雑誌読んでたんだけど。

ある日コンビニに車乗り入れて、指定席となっている喫煙スペースの前の駐車場部分に入れようとしたら直前で小さな白い塊がいた。

駐車スペースに座り込んでやがったの。ぼーっとしてたからアブねえ!と思ってハンドル切って違うところ止めたんだけど。

止めて見たら真っ白のジャージ着た中学生か高校生くらいの女の子と制服の女の子。制服の方は黒いから見えても無くて、白いジャージがいなかったら下手したら轢いてた所。ムカついたよりびっくりしてドキドキした。

で、ちょっと見たらあからさまなDQNな風体 (白いジャージは金髪、制服の方は茶髪で色んなアクセサリーを付けてる)なんだけど、両方ともわりと小さくて可愛い子なのよ。顔立ちなんかが。

特に白ジャージがお人形みたいで。お、なんかえれえ可愛いなとか思いながらそれもすぐ忘れてコンビニに入って漫画読んでた。

ヤンマガ、ジャンプ辺りを読み倒してからスピリッツ持ってレジ行ってマルボロライト買って、喫煙所に行ったらまだいるのよ。その二人が。

タバコ吸って何か喋ってんの。やだなあと思って。まずうるせえのが嫌だから。ガキの会話って電車とかでも大嫌いだから。

でも踏み出しちゃったし、向こうもちょっとこっち何か見てるのよ。

そこで男DQNがいたら絶対帰ってたんだけど(怖いから)、 女の子二人にビビったみたいなのもやだなあ、とかちょっと考えて。

何か背中向けて笑われたらやだなあみたいな。そういうのがあって。

で、結局目を合わせないようにしながら、寧ろいつもよりズカズカという感じの足取りでベンチに座ってタバコ咥えたら

「こんにちあー。」 って、見ると白ジャージなのよ。
俺?誰?って思ったら、もう一人も俺見て「こんにちはー。」

ほか人いないしね。明らかに俺見てるし。キョドって「あ、ども。」なんていうと、向こうもペコって頭下げて、なんて事無く会話再開してるの。

おお?ってなるよね。正直、心暖まっちゃったのよ。何だろう。俺今までコンビニ前で知らない人に挨拶なんてしたことないよ。

しかも俺2年連続無価値の烙印を押されかけている状態だったから。何か心がほっこりしちゃったのよ。悪くないじゃない。最近の若い娘も。的な。

もうそうなると何もかもが良く見えるよね。
といっても声かけるような感じでもない訳。2人で楽しそうに喋ってるし。

先ほどの緊張はどこへやら、俺もタバコ吸いながら雑誌を読むともなしに読んだりしてた。心温まる時間だったね。夜空が綺麗だった。

二人が何喋ってるのかは聞こえなかったけどその声も不快じゃなかった。

で、2本吸って今日は帰ろうかなと思ったら、白ジャージと制服が何か見るともなしに見てるのよ。俺を。どうしようかなと思ったんだけど。

雑誌持って、「じゃ、じゃあ。」つって手上げたら
「どもー。」 「どもー。」なんつって手振ってきて。普通なの。

帰りの車でニヤニヤしちゃった訳です。 で、何日か後に同じ時間帯にコンビニに行ったら、またいたんだよね。その子達が。

俺は行く時間もまちまちだからその日からずっと来てたのかは知らんけどまあとにかくいたのよ。また白ジャージと、もう一人は今度は私服で。

俺は普通にモーニング読んで、タバコとヤンジャン買って、ベンチに行くわな。
ちょっと期待しながら。

そしたら 「こんちあー」「こんにちはー」とくる訳。
俺も準備してたから 「や、こんちは。」なんつって座ってタバコ吸って。

彼女たちは又喋りだすんだけど。
何か俺、人と繋がっている感じって良いなあ。なんて思うわけ。

タバコ咥えて雑誌読むフリしながら彼女たちの声に耳を傾けたりしちゃう訳だ。

まあ、ほんで帰りに「じゃあ、」って言うと「どもー。」「どもー。」なんつって言われて帰るんだけど。白ジャージがえらい幼な可愛くてね。

こんにちはーって最初に言ってくるのも白ジャーなんだけど。 挨拶もこなれてきた5~6回目くらいに、初めて声を掛けた。ちょっとドキドキで。(次回へ続く)
関連記事

不倫相手募集~無料掲示板~


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する