H体験談/真っ白な肌に薄ピンクの乳首

ここは「H体験談/真っ白な肌に薄ピンクの乳首」のページです

H体験談/真っ白な肌に薄ピンクの乳首

今から10年近く前の話

物語の流れ
仲良しカップルと俺

寝取る

いざこざ

元サヤ

また寝取る

放流
ところどころ記憶があいまいな部分があるけど勘弁w

当時高校で同級生でよく一緒に遊んでいたY(♀)その彼氏G
特にYとはGと付き合う前から仲がよく一緒に遊んだり家に泊まりにきてた。

だからといってセックスするとか恋愛感情は全く無く兄弟みたいな付き合い。
夜なんかも一緒に寝て、親も公認つか仲良いねーwみたいな感じ。

多分仲良し期間が長すぎて女として見れなかったんだろうな・・
お互い恋愛相談乗ったりして俺が間に入ってYはGと付き合うようになった。

それが高二の終わりくらい。当時高校を中退してDQN街道一直線だった俺とでもカラオケ行ったりクリスマスパーティーなんかやったりしてホント仲良くしてくれてた。

高校卒業したらYとGは一緒に上京していった。

俺も一緒に上京しようとか声かけられたけど俺は地元で仕事も抱えていたし、上京なんて考えられなかった。

だけどYともGとも定期的に連絡取り合って仲良くしてた。

二人が上京して1年、Yだけ里帰りと帰ってきた。Gは仕事だというのでYが一人で帰ってきた。(Yは短大か専門学校生、Gは就職して社会人)

俺は連絡をもらって1,5年ぶりにYと逢ったんだけど・・・さすがに上京して垢抜けて同棲してやりまくっているだけあって色っぽくなっている。

んで飯でも食うかーってなって居酒屋かなんかで飯食って俺んちに行ったわけよ。

地元はかなりの田舎で21:00過ぎたら交通機関なんかゼロで家に泊まって朝くるまで送るしか方法が無い。

そん時、Gに電話して今日はYは家に泊まるわって連絡入れたんだ。
Gは「うはwwwおkwww」とか言ってなんか酔っ払ってる感じだった。

俺の部屋でコタツに入って東京はどう?とか他愛も無い話を小一時間ほど話していると

Y「ねぇ、Gに俺君の家に泊まるって言ったよね?」
俺「あー、言った言ったw」

Y「G、何て言ってた?」
俺「何も言ってねーよwおkってw」

Y「・・・そぅ」
そういって涙を浮かべるY。

はっきり言って俺、パニック。
俺「えっ?えっ?あwせdrftgyふじこlp;@」
俺「どしたん?」

Y「なんかね、上京してから最初は変わらなかったんだけど半年位してから変わってきて・・・」
俺「どんな風に?」

Y「会社の飲み会だとか言って・・・飲みに行って・・・朝帰って来て・・・香水くさい時とか・・どこに飲みにって聞いても・・・あやふやにされて・・・今も飲んでるんでしょ?」
俺「・・・あぁ、うん」

早い話が社会人になって自由に使える金を手に入れて酒と女を覚えてどんどんYを粗末に扱うようになったそうで。

ちなみにGとは連絡を取っててそんなことはYから聞かなくてもわかっていたし敢えて俺からそのことは言わなかった。(あくまでそれにつけこんでYと関係持とうとは思っていない)

まぁまぁ、とYの頭を撫でて涙を拭いてあげて軽くハグしてやって背中をポンポンして、落ち着かせて、もう遅いからってんで別々に風呂入って一つの布団に入ったんだ。

今まで俺の前で何があっても涙を見せなかったYが初めて見せた涙。やっぱり女なんだなーと思って、ちょっとかわいいじゃねーかコイツwとかっておもってたら

Y「・・・ねぇ」
ん?って振り向いたらキスされた。俺の顔を掴んでチュッて。

Y「ゴメンネ・・・なんか泣いたりして。私なんかにキスされても嬉しくないかもだけど俺君にハグされたら大分落ち着いてすっきりしたよ。そんでお礼にw」

柔らかい唇、ボディーソープとシャンプーの香り・・・
その瞬間なんか「ピンッ」って頭の中で何か切れたよね?つかぶっちギレた。

俺はYの顔を両手で包みキスをした、ベロチューを。

Y「ちょっとwwwどしたの?」
俺は無言で唇→耳→首筋とキスをした。

Y「ちょちょちょwww・・・ッアンちょっwwwすとpp」
無言でなめまわすとふっとYの力が抜け俺の首と肩に手を回してきた。

ここで俺の中のS気質が目覚めた。
そこで責めるのをやめて、Yの横にボフッと仰向けになった。

Y「ちょwwそこまでやってやめんの?」
俺「もっとされたい?」
Y「・・・(無言)」

無言でYのスウェット(上)の中に手を滑り込ませ、Tシャツ越に硬くなった突起物を触れYの耳を甘噛みして

俺「どうする?」って
Y「(泣きそうな顔で)・・・もっと」

Yが着てるスウェットは俺サイズなのでブカブカ状態。Tシャツごとブワッと捲り上げたら真っ白な肌に薄ピンクの乳首。胸のサイズは程よいCカップ程度。

4、5年友達として付き合ってて友人のカノという状況のYの上半身を見た瞬間、完全に歯止めが効かなくなっていた。(次回へ続く)
関連記事

不倫相手募集~無料掲示板~


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する