H体験談/フェラの上達のためにレッスン開始

ここは「H体験談/フェラの上達のためにレッスン開始」のページです

H体験談/フェラの上達のためにレッスン開始

神奈川県、男、24歳、175/70、貧乏人

相手 神奈川県 二十歳の女子大生、写メはかなりかわいい!ちょい派手な感じ。

映画を見ようとデート。昼頃、桜木町駅前で待ち合わせ。改札の前にかわいい子立ってる(゚∀゚)!ドキドキしながら声をかけるとその子だった♪

背は155くらいだけどやたら細い。服装はギャルちっく(アルバ着てた)。
映画館のあるワールドポーターズへ向かう。

汽車道歩きながら「天気やばいね~」等と会話してると、いきなり手つないできた(゚∀゚)!!!!年甲斐もなく動揺wチケットを買ったが時間が空いたのでメシを食う。

学部どこ?と聞くと文学部の心理学科とのこと。学生時代にパンキョーでハイデガーのレポート書いたよ~と言うが食いつき悪しw

微妙な盛り上がりのまま映画スタート。映画館から出てきてクルマを止めてある駐車場へ。湘南方面へドライブ。途中、なぜかエロトークに突入w

やべぇ・・・ピンコ立ちになった☆ 国道沿いのラブホに入る。が、満室。次のホテルへ行きチェックイン。とりあえず即フェラしてもらう。

フェラはあまりしないので苦手とのことなのでこちらから攻めに転じる。
とりあえず一発目を外だし。ここでフェラの上達のためにレッスン開始w

初めよりかは上達した。「ぶっちゃけ経験人数少ないでしょ?」と聞くと「これで3人目」と返事。

「え~もてるでしょ~?一途なタイプなの?」と聞くと「今まで彼氏としかしたことない」と返事。あれ・・・何か違和感がある

ねぇナニドシなの?」と聞くと答えなしw
「二十歳じゃねぇだろ?」と笑いながら言うと「ホントは1○」と白状する。

「え?jkじゃん!?」
「うん、そう」

「嘘なんてつかなきゃいいのに~jkの方がもてるんじゃね?」
「そんなことないよ~」そんなことないよ~はこっちの台詞です。

jkに反応し息子回復♪第2ラウンド開始。ラブホから出る。家が厚木の方だったのでクルマで送ることに。目的地到着。

いきなり「あのさー、彼女いないんだよね?」と聞かれる。
あぁそういう設定になってたな、と思い出し「いないよ」と答える。

「じゃあさ、付き合ってくれません?」「・・・」ビクーリしました。もちろん「俺なんかでいいなら、よろこんで」うぉ!すげぇカワィィ笑顔じゃないですか。

とりあえず付き合うことになりました。彼女からのメール「ホントは ○○(俺の名前)が付き合うのも二人目なんだ♪これからもよろしくね☆」

写メにはチュー顔。やべぇオジサン落ちそうです。もっとヤベェのはこれで二股になってしまったことです。しばらくは同時進行で。
関連記事

不倫相手募集~無料掲示板~


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する