H体験談/リモコンローターを装着してのお散歩

ここは「H体験談/リモコンローターを装着してのお散歩」のページです

H体験談/リモコンローターを装着してのお散歩

♂、阿修羅原似

相手 ♀29歳、独身無、普通体型 比嘉愛未似

「普通のエッチは飽きました。変わったエッチがしたい」さんを捕獲。メールにて協議の結果、「リモコンローターを装着してのお散歩」に決定。

ローター使用経験はあったが、リモコン式は初。
会社帰りに繁華街のアダルトショップへ買出しに向かう。

初めて入った異様な店内に胸躍るw
目的の品は「飛びっこ」「リモコン野郎」等々色々ある。

そのネーミングに惹かれ「ダンシング・オクトパス」を購入。
2,000円というリーズナブルな価格もとっても魅力的。

低価格な為、振動の強弱は付けられず「ON-OFF」しかできないが、そんな高倉健のような無骨さも気に入った。正直言うと単にケチっただけだw

ネットによると「気持ち良過ぎてクネクネしちゃう!~さぁ、外へ飛び出そう!」 なんて素敵なキャッチがw
さぁ、外へ飛び出すぞ!

朝、会社に着いていつものようにカバンを開ける。中には携帯、手帳、書類、財布、ハンカチ。そしてダンシング・オクトパス。

とてもシュールな光景だ。同僚に見つかったら即死確実。
午後からは客先にてプレゼンテーション。

パワーポイントで作った資料をプロジェクターを用いて「弊社の来期方針は・・・」などと偉そうにプレゼンする我がカバンの中にはしっかりとダンシング・オクトパス。

そして無事に仕事を終え、待ち合わせ場所へ。そこに現れたのは、比嘉愛未似の女性(以下、比嘉)。

服装は清楚な感じで、とても今からダンシング・オクトパス(以下、ダン)を埋め込むような女性に見えない。

軽く挨拶を交わし、
「予定通りでいいですか?」「はい」

ダンを手渡し、トイレでセッティングしてもらう。
数分後、ダンを身につけた比嘉再登場。

「入りました?」「はい」
傍で聞いてれば、何気ない会話だが内容はとっても濃いw

そして我が手に握り締めたリモコンによって、初めてダンに生命(いのち)が吹き込まれる。その瞬間、比嘉目をカッと見開き、驚きの表情w

そのままカフェに向かいながら、途中でスイッチON-OFFを繰り返す。
その度に、怒ったような顔で「もーっ!」と小声で叱られるw

モジモジした表情がカワイイ。めちゃめちゃおもしろいぞ。これ。
わずか2,000円で人を支配した気分になれる。

私財を投げうって、日本中の女性全員にダンを埋め込みたいぐらいだ。

女性人口約6,500万人×2,000円=1,300億円。めちゃめちゃ高い。そしてなにより6,500万個ものリモコンを管理するのが大変そうだ。

比嘉がコーヒーを頼む瞬間にスイッチON!
会計時、先に代金を渡しレジにて支払わせる際にスイッチON!

そしてお互いの用事でドラッグストア→楽器屋を巡る。

道中、激しくスイッチON-OFFを繰り返してると、比嘉愛未が一言
「動かなくなったみたい」

ダンの調子がおかしいらしい。接触不良なのか、ぐったりするダン。
ONしてもピクリともしないらしい。電池を買って交換するもダンは無言。

その場からアダルトショップまで割と近かったので、店に行って、ダンの手術をしてもらおうかと考えたが恥ずかしいので止めた。

彼とは志半ばで無念ながらここでお別れだ。
戦場では、傷ついた戦友を見捨てる決断も時には必要なのだ。

その後は普通に飲みに行って、普通にLHでエッチ。
よって省く。何度か会うも。なんとなく消滅。ケチってごめんなさい。
関連記事

不倫相手募集~無料掲示板~


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する