H体験談/Gスポットが開発されているようで

ここは「H体験談/Gスポットが開発されているようで」のページです

H体験談/Gスポットが開発されているようで

愛知♂ 25歳 178/65 独身 Sのパクヨンハ

相手 愛知 23歳 152/44 写メ交換無 いきものがかりのボーカル似

たまたま暇だったので「のんびりしたデートがしたい」との募集にメール。あっという間に話は進み、ぶらぶらしつつお昼を食べてから、漫喫でゴロゴロすることに決定。

152/44という(俺的)高スペックと、「漫喫→エロ」という勝利の方程式で、テンション上がりまくり。

ライバルも多いだろうに、非常にあっさり決まったので釣りも覚悟していたが、難なく合流。

クルクルした大きい目に、ダッフルコート、ニーソとはなんとロリな。しかし可愛いな。モーニング娘にいたような気がする(田中れいな)(以下、田中)。

まずはぶらぶら買い物したりお昼ご飯を食べたりしながら、色々おしゃべり。

SMの話に。SMバーで女王様にお尻を叩かれた話とか、鼻フックの意義についてとか。そして「どっちもいけそうだけど、Mだと思う」との告白を頂く。

うん、俺も田中はMだと思います(心の中でガッツポーズ)。
そして約束の地、漫画喫茶へ。

さっきの会話の雰囲気からいけると踏んでいるが、万全を期すため慎重にことを運ばねば。「漫喫でエロいこととかありえない」なんて言ってますが、俺はやる気満々ですよ?

<中略>(1時間ぐらい経過。隣ブースの高校生カップルがごそごそし始めました)

「紅音ほたるが見てみたい」という田中の要望に応えて、サンプル動画を幾つか落としてみる。画面の潮吹きに目が釘付けの田中。

半開きの唇から漏れる吐息が髪を揺らしている。体を寄せてみても逃げる素振りはないので、「女性もAV観て興奮するの?」と抱き寄せ、キス。

田中は声が我慢しきれない体質らしく「声聞かれちゃうよ?」と言っても
「う?んっ…んはぁ…」「あっあっあっ」と漏れまくり。

ショートパンツも脱がして、ぐりぐりぬちゃぬちゃと一通り触ったところで、「ここで続きする?ホテル行く?今日はもうやめとく?」と聞いてみる。(多分俺はニヤニヤしてた)

「まだ時間あるし、予定の時間までここ(漫画喫茶)にいてもいいんだけど」
「…行く」

「我慢できないんだ?」
「うん…欲しくなっちゃった」(もう一度、心の中でガッツポーズ)

移動中は「あの…手つないでいいですか?」
ホテルでは「あの…お風呂一緒に入ってくれますか?」

ベッドに戻ったら「えへへ」と照れ笑いしながら布団に隠れる田中。
ううむ、いちいち可愛いな。

昼食時に「スパンキングは結構好きかも」と宣っていたのを思い出し、折角なので叩いてみることに。

パシン「あっ」パシン「んあっ」パシン「はぁっ」…これはなかなか。
「じゃあ20回叩くから数えるんだよ」パシッ「ぃいぃちっ…」パシッ「んにぃっ」

数えさせる前に比べて明らかに反応が良くなっている。いや~楽しいね。で、「ほら、声が小さい。もっかい数え直せ」とかそんな感じで30発ぐらい叩きました。

(とはいえ、Sっぽいことしたのはこれぐらいだったので、今にして思えば、もっとガチSな感じで責めても良かったかもと書きながら思った。)

ちなみに田中はGスポが開発されているようで、対面座位で好きなように動かせてみると、そこを擦りつけようとするのが丸わかり。

正常位で腰の下に枕を置いてGスポを責め続けた結果、かなりの回数いってくれたみたいです。「今日はよく寝られそう」との評価を頂きました。

「また遊んでください」とのことなので、是非とも遊びましょう。いくときに足を閉じて伸ばそうとする癖があるから、最後まで突き続けられないのがちょっと悔しい。

次回はそう出来ないようM字に縛ってみたいかも。
しかし休みがあわないってのが難点だよな…
関連記事

不倫相手募集~無料掲示板~


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する