覗き体験談/女子大生がオッサンに顔面騎乗

ここは「覗き体験談/女子大生がオッサンに顔面騎乗」のページです

覗き体験談/女子大生がオッサンに顔面騎乗

パッと見はおとなしそうな女子大生がオッサンに顔面騎乗して「舐めたかったんでしょ。おいしい?」ってやってるのを見たのは興奮したよ。

アパートの隣の部屋に住んでた女子大生。あの子はすごかったよ。

ちょっと詳しく・・。地方の国立大に行ってたんだけど、住んでたのは古めの平屋のアパート(長屋)で、2年の時に女子大生が越してきた。

それまで住んでた男子大学生と彼女とのHも見てたから、引き続き期待した。
台所の小窓から居間が見えるし、窓につけるエアコンの隙間からも覗き放題。

卒業までに、彼女が連れ込んだ彼氏二人、セフレ二人のHを見ました。

男子大学生の彼女はぽっちゃりタイプで、美人でもない女性のHに、ある意味興奮したのですが、越してきた女子大生は、当時の中江友里みたいな女性で、わりと美人でした。

引っ越して半年位で彼氏ができ、そのうち泊まりにくるようになりました。

それまでにも、着替えや風呂上がりの全裸は確認していたのですが、初めて電気をつけた状態でのHを見た時は、興奮しすぎて、その場で射精してしまいました。

オッサンと女子大生について。
たまに駐車場にセダンが停まってて、オッサンが部屋に通うようになった。

Hしたら帰る関係だったみたいで、月に1、2回来てた。風呂やシャワーは抜きで、普通にHする日もあったけど、衝撃だったのは例の顔面騎乗。

彼女は着衣のまま、スカートで男の顔を覆っているからか、かなり普通の大きさの声で「んんっ!おいしいっ?おいしいっ?」とか言ってた。

オッサンは全裸でチンコは完全に勃起状態。
顔の上で彼女がクイクイ腰を動かしてた。

時々、オッサンも声をかけるみたいで、それに彼女が答えて「いいよっ」「えっ?…はぅっ!クリちゃん…」「あぁあっ!お尻、お尻っ」とかもろに聞こえた。

顎を上げて喘いでた彼女がバタッとうつ伏せになって、フェラ。オッサンも激しく舐めてるようで、「ぐぁああっ」みたいな声を出しながらくわえてた。

彼女が横にずれたら、オッサン赤い顔で口元も鼻もテラテラ。眼鏡は外してた。

たぶん手は使わないって約束だったのかも。オッサンはマグロ状態。
彼女は「入れたい?すぐイっちゃう?」と顔を近づけて聞く。

エアコンの隙間の正面に彼女の顔があって、距離は50センチもないくらい。地味めな女性が完全にエロモードの目になってた。

着衣のまま、騎乗位で挿入。明らかに生。
時々オッサンの目を見ながら、ゆっくりしたペースで前後に腰を揺すってた。

吐息系の声で、快感をじっくり味わっている様子。5分くらいでオッサンが「そろそろ、無理、ああぁっ」と言うと、ゆっくり抜いて手コキ。

「イクの?イクの?いっぱい?見てるよ」て囁きながら。オッサン「ううっ!」って、飛ばずにドクドクだらだら大量に放出。

彼女は手についたのを見ながら「いっぱいですね…自分でしないんですか?」とか話してた。結局、この夜は彼女は着衣のままだった気がする。

オッサンが帰ったあとで、ベッドを整えて、お茶を飲んでから、パパパッと脱いでお風呂。パンツは履いてないままだった。そのあと、風呂上がりには彼氏と長電話してた。

ちょっと説明しにくいのですが、エアコンとサッシの隙間が二ヶ所。
留守の間に最大に開けて、数ミリですが見るには十分。

反対側の台所の小窓はいつも無施錠のため、数センチ開けて、多少距離はあるけど自由に。

もうこのアパートも取り壊されましたが…。壁は薄くて、押し入れに入ると、隣の声は同じ室内くらい普通に聞こえました。
関連記事

不倫相手募集~無料掲示板~


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する