H体験談/仁王立ちフェラ、背筋がぞくぞくするような快感

ここは「H体験談/仁王立ちフェラ、背筋がぞくぞくするような快感」のページです

H体験談/仁王立ちフェラ、背筋がぞくぞくするような快感

ちょっと前の話。

メル友♀がいたんだ。彼女は九州、こっちは東京で会うことはないんだけど、お互いエロ日記書いててコメントしあったりメッセしたりで結構仲良くやってた。

俺たちには共通点があって、俺はクンニ好き、彼女はフェラ好き。お互いぶっちゃけた意見をいろいろ言いあえるんで、お互い重宝する相手だったと思う。

ちょうど3年前の冬だけど、彼女が仕事で東京に来るってことになって、じゃあ仕事終わったら飲もうよって話になった。

実際会ってみるとスーツで強調されてるにしてもムチムチの挑発的なボディで、不覚にも勃起したくらいのいい女だった。

とりあえず鉄板焼きで腹を満たして、それからバーの片隅に腰を落ち着けて飲み始めたんだが、いい加減酔っぱらってくると自然と共通の話になって、あの日記はよかった、この日記はこうだったとかの話になった。

それからお互いの口のテクニックの話になって、舌をこう使うだの唇でこうするだの偉く生々しい話になってきて、もう俺は勃起しっぱなしw

彼女も目がうるうるしてて、
「濡れてきた?」って聞いたらちょっと戸惑いつつも可愛くうなずいたり。

そろそろ出ようかってことで店を後にして、誘ってみるとあっさり承諾。
そそくさと自分の泊まってるビジホに連絡入れてたw

ホテルに入ってもう待ちきれずにエレベーターの中から抱き合ってディープキスして、部屋に入ったら、お互いの着ているものをはぎ取ってベットになだれこんで。

「先攻は俺からね」ってことで、まずは攻めにまわって自分のもってるテクニックをすべて注ぎ込んで彼女を攻めに攻めたら、もう逝きまくるわ叫びまくるわ失禁するわで大変なことにw

もちろんその後挿入して、彼女のエロい身体をたっぷり貪ったよ。
でも、実は俺極度の遅漏で、この時も全然逝けなかったんだ。

彼女は息も絶え絶えなんで休憩ってことで、一緒にお風呂に入ったりしたんだけど、

「今度は私が攻める番だからね」ってことで、バスタブの中で立たされてぱくっと咥えられて、仁王立ちフェラ。

実際何が起こったのかわからなかった。

何やら生温かくてヌメヌメしてそれでいてしっかりとした感触のモノが俺の亀頭を包んだと思った瞬間に背筋がぞくぞくするような信じられない快感に襲われて思わず叫んじまった。

腰砕けになった。 ホント凄い快感だったよ。
フェラでなんか一度だって逝ったことがないこの俺が、まさかの瞬殺。

この後ベットで3回抜かれてへとへとになってしっかりお返しをされてしまった。3回ともフェラされ始めてたぶん一分以内。恥ずかしながら女みたいな喘ぎ声も上げてた。

朝は朝でフェラで起こされて寝起きで一発抜かれて、一泊で5回発射は俺としては前代未聞の新記録。まさに信じられない話。

元気よく九州に帰っていったが、正直彼女を拉致りたかった。
抜かれすぎて、そんな元気はなかったけど。
関連記事

不倫相手募集~無料掲示板~


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する