H体験談/騎乗位のスピードがすごい

ここは「H体験談/騎乗位のスピードがすごい」のページです

H体験談/騎乗位のスピードがすごい

東京、♂、30、169/58、独身彼女無 嵐・二宮と言われたことある。

相手 ♀21、写真は見ていたし電話もしていた 幼げな飯田圭織、以下飯田

エロトーク盛り上がり、アドレス交換。写真をすぐに希望され、送ると気に入られたのか、頻繁にメール来る。

テンションが「アホ女子校生」って感じだったのでコチラは若干引いていたが、向こうが彼氏と別れただのなんだの言ってきて、相談に乗る。

深く話すと明るいしバイリンガルだし、抜けてるところはあってもアホではなく、面白い。そのうち電話などで意気投合。

遠いが向こうの家のそばにホテル取って3泊4日で会おうと。今考えれば相当無謀な強行軍を実行に。前日「明日の今頃はエッチしてるかもね」なんてメール来る。

ホテルに荷物を置いて、そばのアミューズメント施設を巡り、途中どちらともなく手を繋いだり、アイス食べてあーんしてみたり、ゲーセンで対戦負けたら罰ゲーム(罰ゲーム内容は後述)カーレース、テトリス、エアホッケーで、負け、勝ち、負けで負け越したw

ホテルに帰り、お互いのことをアレコレ話しつつ、なんとなくベッドに横たわり、背中を抱いてテレビを観る。頃合いで見つめ合い、キス。いきなり舌入れてきたw

「お風呂入ってからね」の言葉で、先に脱いで入って待つ。
若干恥ずかしそうに入ってくるが、すぐに慣れる。

以下、3日間のエロシーンのみ抜粋!

いきなり「お尻が舐めたい」とか言って、四つんばいになる事を要求してくる。余りにも楽しそうな顔で言うので許諾。嬉しそうにペロペロ舐めるが、むず痒くて変な感じ。飽きたところで攻守交代。

S魂ON!キスから舌を這わせつつ首筋、胸元、乳首、おヘソ、キーポイントは焦らすためにフェザータッチで触れる程度にして、足からつま先まで舐める。

尻にもどり丘を舐め回しアナルもキレイにしたところで背中を一気に舐め上げるなど、焦らしまくってからクンニ。

ポイントを集中して攻めながらもモモや尻、胸などの愛撫も同時に行う。
その後、取りあえず手マンで一気にイカせてから挿入。再びイカせる。

ここで私の特殊体質を紹介しよう!w
自分、セックスん時はイカない事、しょっちゅうなんですw

攻めていたら性欲が満たされるというか、満足できちゃうんだな。だから女の子にイクところを見せないことも多々あり。

そしてそれを理由に怒られることもある。気持ちよくないのか不安なんだろうね。

この日も3度ほどイカせて満足しました。が、コレ、インポの人にありがちなんだってね。や、俺は小さめだけど持続力と固さはある。それだけは言っておくw

あと、オナニーだと普通にイキます。以下、他のプレイ。挿入は騎乗位が一番好きとのことだったのだが、スピードがハンパねーw折れるかと思ったw

風呂場の浴槽で立ちバック、一度イカせると、立ったまま指を入れてGスポ刺激、潮吹き。チョコレートケーキを買ってきて、お互いに付けて入念な舐め回し。

んで、前述の罰ゲームなんだけど、飯田の前でオナニー見せることになったw。でも、見せて盛り上がってくる内に「飯田もしなよ」で、結局見せっこ。飯田が先にイッて俺イカないでw終了。

2日目の夜、俺がうとうとしていると「寝ちゃうの?」と言われ、「ねみゅぃ」とか答えると「もぅ、縛っていいから寝ないで」と。

実は、「縛ったりするのが好き」とメールで言っていた事があり、一応それようの軽い縛り道具も持ってきていた。

その声を聞き、急に目覚める俺!ゲンキン!縛る時は、地の柔らかいものの方が痕が残らないので、ネクタイを使うことにしている。

それを取り出し、M字開脚して、右の手首と右の足首、左の手首と左の足首を固定。スカーフで目隠しをする。

冷たいお茶を口に含み、体にこぼしかけたり、口元にティンポを持って行き、無理矢理咥えさせたりする。引き抜いた時にベロが追い掛けてきたのが妙にイヤらしかった。

最後は手マンと挿入でエンディング。3日目夜は相手の希望でLHへ。最近観て無くてずっと観たかった、というAVを凝視する飯田。

ローターとローションを買い、風呂場でローションイジりっこ、ベッドでローター攻めで遊ぶ。3日イカない俺に不満がたまったのか、オナニーでイケ、と命令がw

点けてたAVの女優のイキ姿が好みで(要はオナニー病なんだな)弄ってたらイケたw3日とちょっと分、すげー量が出て、二人で超ビックリw

まー他、なんだかんだあり、新幹線のドアが閉まる瞬間にキスして別れる。その後、すったもんだあったけどすげードロドロになって3ヶ月くらいで終わり。いい経験でした。
関連記事

不倫相手募集~無料掲示板~


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する