H体験談/芸能人とのセックス

ここは「H体験談/芸能人とのセックス」のページです

H体験談/芸能人とのセックス

H*美子
ある商品のキャンペーンの営業で地方回りに付きあった。

落ち目の時期で待遇も悪くかわいそうだった。マネージャーも掛け持ちで手を抜いていたので、二人で話す時間がたくさんあった。

宿の部屋がヒドイので見に行ったら入れてくれて話し込んでいるうちにセックスに。胸が大きいのが売りだが、体が大きく厚みがあるので抱き合っているときはこぶりの感じ。

下の毛は丁寧に剃毛していてクンニするのがとてもらく。
69になったが、フェラでは歯と唇を使う独特のテクに驚いた。

性器はやや上付きで締め付けもよく、腰の動かし形、両手の回し方など、相手に対して思いやりのある、上手なセックスだと思った。

「ごめんね、こっちでも欲しくなっちゃって、いい?」と、タイミングを見て四つん這いになり尻を出してバックをせがんだり、

「いつもはこんなことしないんだけど、○さんだとしたくなっちゃって」とか、恥ずかしがりながら女上位で腰を回したり、男の気持ちをよく分かったタイプ。

もちろんピル使っているので中で射精。その晩3回ほどして楽しい時間を過ごした。イクときの動作(締め付け、抱きしめ、声、のけぞり)は完璧。

セックスしていると、自分がすごいテクの持ち主になったみたいに思わせてくれる。ただ、自分の印象だと半分上演技だと思った。

確かに寂しくて自分みたいなのと一緒に時間を過ごしたかったのは事実だと思う。

でもセックス自体は、よく訓練したスポーツのようなもので、つい普段の役割通りに演じてしまったという所か。

東京に帰ってからも顔を会わせる機会があったが、やんわり断られた。
当然、こっちだとどんなところにも視線があるので、立場上無理だと思う。

それでも嫌な感じを残さないところが、彼女らしい。

自分は仕事関係でたまたま担当したので、業界の細かいことは知らない。
でも、芸能人にとって最大の関心は事務所のとの関係ではないだろうか?

有名になる、どんな番組にでる、収入、セレブ風生活などなど、すべてが所属事務所の関係で決まってくる。

Hがストレスに直面していたのもまさにこれで、色々話を聞くとたいへんだと実感。芸能人といっても、基本的にブラック企業の社員と変わらないと思った。

才能、容姿などがいくら優れていても、事務所で「出世」しなければ、絶対に出してもらえない。

実際、メディアに露出しているタレントよりも、ずっといい素材が、売れないまま捨て去られているケースは、無数にある。

そんなケースのひとつ。
仕事の打ち上げで知り合った半分コンパにみたいな子と仲良くなった。

彼女はよくあるタレント志望で、すぐ夢破れたタイプだが、業界周辺をうろついていた。彼女の仲間の女性タレントQは、中高でバンドを組みギターの男と付きあっていた。

事務所がQに目を付け、男と別れさせ経歴を作り直してアイドル路線で売り出すが低迷。

演歌に切り替えて地方巡業に回っているが、その地のチケットを引き受ける講演元から、要求される夜の営業がたいへんだという。

地方の金持ち?とかが勧進元から、一晩の権利を買うわけだが、そこでの作法が面倒らしい。

相手は、演歌歌手なので日本的な奥ゆかしい、まじめ手貞淑な娘を求めている。

とはいっても、ちゃんとセックスもし無くてはいけないので、恥ずかしがるふりをして、うまいテクも使うというかなり複雑な役回り。

これがどさ回り全体につきまとうらしい。

座長公演は、座長がプロデューサーとディレクターを兼ねたようなもので、絶対的な権限があり、かつ一座は常連が多くて外されると食っていけない。ただ、ゲストに呼ばれた人は格が上なので、こっちはお客かな。
関連記事

不倫相手募集~無料掲示板~


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する