H体験談/彼女の母親とセックス

ここは「H体験談/彼女の母親とセックス」のページです

H体験談/彼女の母親とセックス

俺が21歳の学生の時、航行の彼女の家でやってると出かけてた母親が帰ってきていきなりドアを開けてきたのでビックリ。気まずいったらありゃしない。

それから2ヶ月後、彼女の母親とも関係持っちゃった。
娘としてるのみて、女が疼いたのか・・・

いつものように彼女の家に行くといたのは母親、彼女は、まだ帰ってきてなかった。てっきり母親は仕事に行っていると思っていたのでビックリ。

母親に「上がって待ってたら」と言われて部屋に上がった。
ソファに座ると母親が飲み物を出してきて、斜め前に母親は座った。

すると母親が、「娘とはどうなの?」と聞いてきて、内心どうなの?と言われても、と思いつつ「はい、いいお付き合いをさせてもらってます」としか言いようがなく。

「娘はまだ高校生だから・・・避妊はしてるの?」
急にストレートに言われ面食らって、ジュースを噴出しそうになった。

「私も高校生の時には経験があるから、しちゃだめとは言わないけど避妊はちゃんとしてね」
「あっ、はい!」

無茶苦茶元気に返事をしてしまったが、親公認を貰ってテンションが上がってしまった。母親も娘と同じなんだと思うと、母親の高校時代を妄想して、ちょっと股間が硬くなるのを覚えた。

母親は42歳で、デパのブランド化粧品の社員として働いているそうで、42歳とは思えないぐらい若く見えたし綺麗だった。

髪からは、いい匂いが漂い、プルプルの唇に、プリプリのお尻。
彼女には無い、大人の魅力のようなものを感じた。

「将来は?」と聞かれ、
「いや、まだ結婚するかは?」

「はは、違うわよ、将来、仕事は何か目指してるの?って聞いたの。心配しなくても娘と結婚しなさいなんてまだ言わないから」

「あっ、一応、〇〇デパートの内定は貰ってます」

「えっ?そうなの、じゃぁもしかしたら将来、担当上司になるかもしれないわね、娘も私もよろしくお願いします」「いや、平の平なんで・・・」

父親は彼女が小学5年の時に離婚したと聞いていた。
「お母さんは、お付き合いされてる方とかいないんですか?」

「お母さんなんて、なんか変な感じ、いつかはそう呼ばれちゃうのかなぁ・・・全然付き合ってる人はいないわよ、なんで?」

「いや、すごく綺麗なのに再婚されないのかなぁと思って」
「まぁ上手いこと言っちゃって、やっぱり娘も居るし、それにたいした男が居ないのよ」

「そうなんですか、じゃぁ僕が入社してもやっぱり周りからそんな風に思われちゃうんですかねぇ」
「えっ、大丈夫、大丈夫、きっともてるわよ。でも娘の母親としたら心配」

「そんなぁ、今までそんなもてたこと無いですから」
話しながら母親が肩を揉んでいたので、

「肩揉んであげましょうか?僕結構上手なんですよ」
「えっそんなぁ」

母親の後ろに立って肩を揉んであげた。後ろに立つとなおさらいい匂い。何のシャンプー使ってるんだろうかと思いながらも少し硬くなってる肩に、

「ちょっと肩こってますね。ちょっと前屈みに」 背中のツボを押していると、丁度ブラの紐がツボの上にあって紐の上から押すが、なんとなく押しづらい。

「ちょっとズラしていいですか?」
ちょっとビックリしたみたいだけど

「ちょっと待って」
服の中に手を入れブラの紐を少しズラしてくれた。

服の裾から母親の白い肌が少し見え、ソファの背もたれに硬直した息子が当たり痛かった。「ついでに腰もしてあげますよ。うつ伏せに寝てください」

うつ伏せに寝る母親。胸が押しつぶされて痛いのか、両手を鎖骨辺りに置いて少し浮かせて寝てた。(次回へ続く)
関連記事

不倫相手募集~無料掲示板~


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する