H体験談/種無しなのに秘書課の美人が結婚を迫ってきた

ここは「H体験談/種無しなのに秘書課の美人が結婚を迫ってきた」のページです

H体験談/種無しなのに秘書課の美人が結婚を迫ってきた

ほぼ種無しの俺に、過去『出来たかも…』って結婚を迫ってきた女がいた。

俺は出来ちゃった結婚などありえないと思っていたので、女に対しては、あまりこだわることなく、やれるならいいと思って適当に付き合っていた。

自分が種無しであると言って体の関係になる女なんていないだろうし、付き合う前にそんなことは言えずにいた。そんな時分に言われた懐妊の言葉。

はじめは本当かと期待もしたが、いつまでも半信半疑。取りあえずは『そうか、おめでとう!』って言って喜ぶも、裏事情で心底は喜べない。

「産みの親より育ての親」とは言うが、他人の子と知って育てるのもな…。

そんな時分に、黒人の子を出産した巨人の駒田選手の妻の話も耳にしたので、悶々としたまま、1ヶ月間嵌めまった。

時間ばかりが過ぎ、女は浮かれて式場のパンフを集めたり、親にも会わされ、とりあえず『孕ませました。すいません。』と半信半疑のまま頭を下げざるを得なかった。

こうして時間が進み、自分の中での未解決の部分は拡大し、心は荒む一方だった。まぁ、「俺が我慢すりゃいいんだし」と心を切り替えようとすればするほど、心は迷走する。

この女だが、見た目はすこぶる良い。
松雪泰子のような風貌で、しかも金持ちと来てる。

自らの給料は全額小遣い。しかも、家からの小遣いが50万円程度はあるのではないかと思わせる使いっぷりである。

大手一流企業の秘書課に腰掛けている娘。同じ洋服は着ないの!と言わんばかりにローテーションが長い。

しかし、どうしても心配だし、育ての親というのは養子とかのことを言うのであって、浮気とは違う訳で、そのことの踏ん切りがつくまでに相当の時間がかかった。

そして、自らの種無し検査を久しぶりに行い、妊娠させる能力のないことを知らされた。残念ながら、オタマジャクシは過去の検査よりも少なく、元気な奴はほとんどいないらしい。

そして、もうひとつの確認として、興信所にも頼んだ。
結果はあまりにも簡単に直ぐに出た。悩んだ3ヶ月間がバカみたいなほどだった。

結果は真っ黒。別に週1で会っている男がいた。写真に写る男は、それこそ親父ではないかと思える歳の男。仕事関係で知り合ったどこかの会社役員ともとれる風貌だった。

そうかぁ~、こいつが貢いでいたのかも?と思った瞬間、反撃することに決めた。

仮にも俺の子として育てると考えた場合、あの73分けのシルバーグレー、油ギタギタ、写真からも整髪料の臭いがしそうな親父は許せなかった。

生理的に受け付けない。そんな奴と会っているってどういうことよ。
なお、この頃になると、俺の周りも騒がしくなり、

「○○は取引先の秘書課の○○と結婚するらしいよ。出来ちゃったようだ。すげぇ美人だし、逆玉だぜ。」 と会社同僚がどこからか噂を耳にするようになった。

覚悟を決めなければ…  そんな状況でも腹は日々大きくなっている。洋服の外からでも、徐々にわかるようになってきた。

ちょっと、ふざけたふりして軽いジャブでも放ってみようかな。
『ところで誰の子よぉ~?』なんて、軽いジャブとして、かまをかけてみた。

ほんの軽~い冗談に取れるレベルで…
しかし、思いもしないほどの動揺で泣き始めてしまった。

事情が事情だから、悪いのはおまえだと思っても、それでも申し訳ないほどの状態だった。そして、一頻り泣き止むと、女からの反撃が始まり、窮鼠猫を噛むの状況に…

それに反撃するために種無し宣言。これで終止符。なんだかわからんうちに、ろくに話をすることもなく女は退社してしまい、携帯も変えられていた。

自宅は知っていたが、そこまで乗り込んで、なおかつ結婚はしないという結論を出すことは出来ない訳で家に行くことは出来なかった。

女の退社は端から見ればおめでたい結婚退社。周りからは、きっと、お金持ちだからいいよね。と羨まれるばかり。

俺は出産予定日という時限爆弾がある中、どうしても居場所がなくなり、やはり転職することにした。数年前の暗い思い出です。種無しも辛いよ。

もしかしたら、本当は自分の子だったんじゃないかと、今でも思うことがある。
長くなって申し訳ない。
関連記事

不倫相手募集~無料掲示板~


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する