H体験談/金髪色白の同級生

ここは「H体験談/金髪色白の同級生」のページです

H体験談/金髪色白の同級生

高校入学前の春休みにヒマでブラブラしてたら
近所のスーパーで中3の時の同級生の女子二人とバッタリ出くわした。

一人は中学の頃からヤンキーで、金髪色白のM。こいつは凄いおしゃべり。
もう一人は茶髪で若干色黒なT。この子は凄い可愛いけど無口。

俺はTのことが気になってたんだけど、自分から女子には話しかけられないし、Mが苦手だったからその日もスルーしようとした。

そしたら「おい、無視かよ」ってMに後ろからはたかれた。

「お前、どこの高校行くの?」
「I高だけど・・・」

「お、頭良いじゃん。うちら二人ともS高なんだ」
「(別に聞いてないし)ふーん一緒の高校なんだね」

「今ヒマ? ヒマだったらうちらと入学祝いやろうぜ」 みたいなことを言われてお菓子やジュースを買わされ、荷物持ちをさせられてMの家に行った。

Mの家に行くまで、二人で何かこそこそ話してた。Mは言動はガサツだけど、部屋にはぬいぐるみがあったりして女の子っぽかった。

Tとちょっとでも仲良くなれるかな、と思ってついてきたけど、もっぱらMばかりしゃべってて、Tは無口だった。

Mが急に聞いてきた
「お前ってさ、女と付き合ったことあんの?」
「ないけど」

「じゃあさ、童貞?」
「・・・そうだけど?」

別に15歳で童貞が恥ずかしいことだとは思ってなかったけど、いきなりへんなこと聞くなぁと思った。しばらくしたら急にTが用事があると言って帰った。

俺も帰ろうとしたら、Mに「帰る前にちょっと手伝ってよ」と言われ、押し入れの整理を手伝わされた。手伝い自体はすぐ終わった。

帰ろうとしたら
「まあちょっと待ってよ」 と引き留められた。

「ちょっと聞きたいことあるんだけどさ」
「何?」

「女とやりたいって思ったことある?」
「・・・あるけど」

こいつは話しづらいことをズバズバ聞いてくるなぁと思った。
「じゃあさ、私とやってみない?」 (次回へ続く)
関連記事

不倫相手募集~無料掲示板~


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する