H体験談/金髪色白の同級生 続編

ここは「H体験談/金髪色白の同級生 続編」のページです

H体験談/金髪色白の同級生 続編

前編は以下のとおり
金髪色白の同級生

「じゃあさ、私とやってみない?」
「え?」

「セックスしてみようよ」
「・・・」

「別に付き合ってくれってわけじゃないから」
「うーん・・・」 あまりに急で何と言って良いか分からなかった。

「いっとくけど私は処女じゃないからさ。色々教えてやるよ」
そう言いながら服を脱いでいって上半身裸になった。

おっぱいは小さかったけどちゃんと膨らんでて、初めて実際に女子のおっぱいを見たら立ってきた。

「ほら、触っていいから」って言われて俺の手を取って胸を触らせてきた。
おっぱいを揉んだ時点でもう他のことを考えられなくなった。

どう触ったらいいか分からなかったけど、手の平全体ででおっぱいを包んで揉んだり、乳首を指でつまんだりした。

ひたすら揉んでたら、「なめて」と言ってきたので、乳首をなめた。
なめてたらMがはっ、はっ、と息を荒くしてきた。

ひたすらなめてたら、Mが下も裸になって
「ココも触って」 と言って脚を開いた。

初めて見る女子のアソコは、正直グロテスクだった。
けど動物の本能というか、グロテスクだと思ったけど興奮した。

何をしたらいいか分からなかったので言われるままにした。
オマ○コ全体を指全体でこすって、割れ目を下から上に舐めた。

クリトリスは敏感だったので、まわりの皮ごと吸った。
Mの言う通りにさわったりなめたりしてたらどんどんアソコも濡れてきた。

俺も全裸になってMになめてもらった。
初めてのフェラは思ってたほど気持ち良くなかった。

69もした。けど、これもお互いなめづらいし思ってたほど良くなかった。
だから俺が「早く入れたい」と言うと

「良いよ」と言ってMが俺の上にまたがってきた。
俺のチンコをつかんで、オマ○コにあてがってゆっくり腰を沈めてきた。

いきなり騎乗位かよ、と思ったけどMのリードに任せた。

最初はオマ○コの中とこすれると引っかかる感じがしたけど、だんだんマン汁と馴染んできたのか、スムーズに動くようになった。

はじめてオマ○コに挿入したときの感想も「こんなもんか」という感じだった。生挿入だったけど、コンドームのことなんて考えもしなかった。

Mが俺の上で腰を振っていて、その動きに合わせて下から突こうとしたけど、全然タイミングがあわないからマグロ状態になった。

疲れたMが「今度はお前が動いてよ」と言って脚を開いて寝そべった。正常位で挿入しようとしても、オマンコの入口は思ったより下にあってなかなか入らなかった。

入っても、下の方に入り口があるから腰を動かしにくかった。
初めての時はムダに体全体を動かしていて、本当に動きづらかった。

騎乗位の時はMもはぁはぁ言っていたけど、正常位になるとちょっと醒めていた。

「どう?動きづらい?」
「うん。なんか思ってたよりやりづらい」

「じゃあ今度はバックでしてみる?」
「うん」

Mは四つん這いになってお尻をつきだした。正常位のときはオマ○コの入り口が思ったより下にあったのと同様に、バックの時は思ったより上にあった。

けどオマ○コの入り口が丸見えだったので正常位よりはすんなり入った。
バックは腰も振りやすかった。

「ゆっくり動いて」
「こう?」
「うん、そう・・・それ良い」

Mの言う通りにゆっくり出し入れしていたら奥を突くたびに
「あっ あっ」 と声を出していた。

俺も気持ち良くなってきて、腰の動きが速くなった。
「ああ~それすごい! もっと奥まで突いて!」

Mも俺の動きに合わせてケツを振っていた。
気持ち良かったけど、初めてで緊張していたのでなかなか射精しなかった。

動くのにも慣れてきて、Mをがんがん突いていたら、「ああ~すごい! もっと、もっと!」」とよがっていたけど、ずっと突いていたら「ごめん、アソコが痛くなってきた」 と言われたのでオマ○コから抜いた。

けど、最後に正常位の練習として、Mが仰向けに寝てオマ○コにチンコをこすりつけて、素股で腰を動かした。オマ○コに入れるよりも密着感があって気持ち良かった。

素股だとすぐに射精した。俺の腹にも精液がついたので気持ち悪かった。
出した途端、「Mの親が帰ってこないかな」というようなことを考えていた。

後始末して、そそくさと服を着て帰り支度をした。
関連記事

不倫相手募集~無料掲示板~


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する