H体験談/ハケを使うのが好きな女の子

ここは「H体験談/ハケを使うのが好きな女の子」のページです

H体験談/ハケを使うのが好きな女の子

去年、ある所で知り合った10代の子とホテルへ行った。
ちなみに俺20代嫁子持ちリーマン。

3回目のホテルの時「ハケを使うのが好きなんだ」
と言って俺にハケを渡してきた。

「じゃあ、すっごく焦らしてあげるね」って言って、
椅子に縛ってあげた。

パンツにブラ無しで、上白いタンクトップで、
両腕両足を椅子の足に縛って、動けなくしてあげた。

相手はそれだけでパンティを少し湿らせて、期待の目で見ていた。

足が閉じられないように縛ってあげたので、
小さなパンティからマ○コはみ出しそうなのを見て、俺は興奮した。

ホテルにローションが売っていたので、それを購入して、
ハケに付けてパンティとタンクトップの乳首に塗った。

塗るたびに恥部がスケスケになって、凄くいやらしかったな~。
乳首ビンビンにさせて、

もうだめー!って言われても、椅子から降ろしてあげなくて
しばらくハケで乳首をなぞったり、マ○コなぞったりしていた。

そしたら彼女、誘うようにいやらしい腰の動かし方
するようになってきて、

椅子までびしょびしょになって、クリトリスはヒクヒクと勃起。
そのクリトリスをハケでなぞると、足がブルブルしてた。

俺のパンツも勃起のしすぎでビッチョビチョになった。

そのビッチョビチョのチンコを、
パンツ履いたままで唇へ持っていくとむさぼるように舐められて

焦らしてやろうと思って口ギリギリの所まで腰を引いて、
チンコが届くか届かないかの所へ。

舌を一生懸命伸ばして、時々舌が当たるから余計興奮。
挿入は、スケスケのタンクトップとパンツを着けたままやった。
関連記事

不倫相手募集~無料掲示板~


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する