フェラチオ体験談/演劇部のマドンナ

ここは「フェラチオ体験談/演劇部のマドンナ」のページです

フェラチオ体験談/演劇部のマドンナ

高校時代、俺と女二人で、男の友達の家に集まった。

名目は次の文化祭の演目に関するミーティング。

K子が演劇部の部長、俺が副部長、Y美とT木を合わせたこの4人が部の中心メンバーだった。

Y美には彼氏がいたけど、黒い髪にちょっときつい眼で、細いカラダととても綺麗な指をしてた。

K子は対照的に、髪は軽くパーマがかかって、眼はたれ気味だった。毎回、このメンバーのときは顔がほてるほど熱い芸術論がぶつかりあう。

まあ、空のビール缶が何本も床に転がるし、いつの間にか恋愛論になってるのもお約束。

だけど、この日はいつも以上に過激な方向へ進んだ。こっちの話で主導権を握るのは、Y美だった。

つき合った男の話やデートの内容なんて話題が、初体験だとかセックスのテクニックの話に。

そして経験の無い俺は赤ピーマンのような顔で、前のめりになってY美の話を聞いていた。

「なんか~舌だけじゃなくて、手とかも大事らしいよ、男にいわせると」
「ふぅーん」

ほんの少し前から話題はフェラチオについてだった。

「ずーっと口だと疲れるしねえ、でも力かげんがむずかしいし」
「チッ」

なんだ、と思ったら、興奮したT木が伸ばした手が、飲みかけの缶に当たって、ビールがテーブル一面に広がった。

慌ててティッシュを引っ張るT木に、微動だにせずに酒を飲むK子。相当酔ってたのかな。

「あ~、手にかかったあ」
ぽたぽたと液がたれる手をふりふり、Y美がクチビルをとがらせる。

「んー、もう」

とがった色っぽいクチビルから舌がでてきて、てろてろと人差し指の先から根元まで丁寧に舐めとりはじめた。

指の股なんかそりゃもうじっくりと。中指は全部吸い込まれて、クチビルがみだらにムニムニにと動いた。

「えへへ、あー、あんたらたってるでしょ」

やっと解放された中指は、糸を引きそうなくらいぬらぬらとひかっていた。もちろん俺の股間は、ジーパンに痛いほど締め付けられたいた。

「当たり前だって、もう痛いって」
「やだー」

そんなことをいいつつ、Y美は隣のソファーに座る俺の股間に手をのばす。

「おー、たってるねえ、パンパンじゃん」

滅茶苦茶うれしそうに、俺の耳もとではしゃぐY美。四本の指で俺の股間をくすぐりながら。

「ていうか、どっちがおっきいの?口でされたことってあんの?」
どっちの質問にも答えそこねて、Y美の指先をみつめる。

綺麗な指・・・。Y美の指は動いたままだった。のどが渇く。俺はジーパンとパンツをいっぺんにおろした。

すると、Y美は、大きく身を乗り出して、ほんとにバナナでも食べるように口に含んできた。

柔らかそうなほっぺがペコリとへこんで、またもとに戻る。

「ん、んっ、んふふふー、固いー、ん、んーふふ」
何度か頭を上下させて、笑いながら髪をかきあげ、口を離した。

「あはぁ、ひ持ちいい?」

いっぱいに舌の先をのばして、カリのところをチロチロと舐めてる。唾液が多い体質なのか、Y美の舌がカリを離れるたびに糸をひいてた。

目線はこっち。
「すげえ気持ちいいよ、なんかマジで感動」

Y美は答えに満足したのか、ソファーから離れて俺の目の前に立て膝をついた。両腕を俺の躰とソファーの間にめりこませてから、またY美の頭が上下しだした。

「マジすげえ気持ちいい」

いつの間にかY美の頭に手をのせて、低いうめきをあげながら同じようなことをつぶやく俺。

「ん、ふっ、ん、、じゅっ、、、、、ん、、」

甘えるような、ため息みたいな音と、ときたま聞こえる唾液をすする音。

根元まで飲み込んで少し止まって、またゆっくりと顔をあげて、このまま、やめちゃうのかな、と思ってたら、亀頭が口から半分ぐらいでたところで、また止まった。

手を俺の背中から引き抜いて、添える。口の端はまっすぐだったけど、眼は笑ってた。

だって、Y美腰ふりふり振ってやってるし・・・。

十分楽しんだっていう満足感か、お情けか、押さえつけるように両腕を俺のももにまわすと、正座になおして顔を俺の股間にうずめた。

「ずっ、ん、ふん、、、、じゅる、、んんっ」

もしかして、つば多めなのは意識的にやってるのかな。俺の上半身はうなりっぱなしだった。

Y美は本気モードに入ったのか。

ゆっくりとしてるかと思えば、カラダ全体を揺らすほど激しくしたり。

たまに奥まで吸い込んだまま止まったりする。Y美の正座が崩れたあたりで、そのうめきが本当に苦しげになった。

「なあ、無理っぽいんだけど、いい?だめ?そろそろ、なあ、やばいって」
「ふ、、ん、んん~ー~?ずっ、ん~~ー?」

Y美はホントは余裕なのかもしれなかった。

「うお、いや、やばい、ん、だけど」
腰が同時に浮いて、俺はほんと苦悶の表情だった。

Y美は、やっぱり余裕だ。にやっ、と笑うと、ぱっと口を離して、左手でしごきはじめた。

「ネエ、気持ちいいー」
「うおっ、アッ」

ほぼ垂直にもの凄い勢いで俺のスペルマが飛び出して、そのまま発射された所に降りかかった。

「きゃ~ー、あんた出過ぎ、白過ぎ」
「いやー、だって超気持ちよかったし」

「や、汚い~」
といいながら、髪をかきあげ、俺のモノにゆるゆるとよだれをたらした。

べとべとになったそれの裏スジを、人差し指でくりくりとさすってまた笑うと、色っぽいクチビルを広げて、一口で頬張ると、もごもごと口が動いた。

「じゅるっ、ずっ、んん、んー、じゅっ、ちゅう、ん、ふぅん」
音がすごかった。俺は、完全に惚けていた。

Y美が小さく口を開けたまま顔を上げると、俺の股間はキレイになっていた。
関連記事

不倫相手募集~無料掲示板~


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する