Hな体験談/女友達のフェラチオ 続編

ここは「Hな体験談/女友達のフェラチオ 続編」のページです

Hな体験談/女友達のフェラチオ 続編

前編は以下のとおり
女友達のフェラチオ

しかし、俺は急に男が目覚めたのか我慢の限界なのか、ゆいちゃんの頭に手を持っていき、髪を撫で始める。

俺「さらさらだね、髪。」
ゆい「そう?ってかやめてよー」

俺「なんで?」
ゆい「髪なでるのは反則だよ…好きになっちゃう…」

俺は都合よく解釈すれば「告白」ともとれるその言葉を耳にし、さらに興奮した。

俺「じゃぁもっと撫でようかな」
するとゆいちゃんは黙ってしまった。

しばらく撫でていると俺の胸に顔をうずめてきた。

ゆい「ねぇ…ぎゅってして」
俺「うん、いいよ。」

強く抱きしめた。幸せな気分になった。がしかし、収まっていた息子がむくむくと大きくなる。

ゆい「あれ…なんか当たってるよ(笑)」

しまった。こうなってしまったらやけくそだ。唇を近づけ、無理矢理キスをする。だが抵抗は無い。唇をやさしくついばむ。

ゆい「ん、んん…」
感じている声がまたかわいい。

さらに舌をいれ、激しくディープキス。歯茎を舐めると切ない吐息が漏れる。
そのまま手を胸に持って行き、服の上からやさしくさする。

ゆい「ぁあん…」  服の中に手を入れ、ブラの肩ひもをやらしく横にずらし、ゆっくりじらすように乳首へ手を動かす。乳首に触れる。

ゆい「んん!…」
感じている顔が愛おしい。キスを止め次に耳をやさしく舐め、息を吹きかける。

ゆい「はぁん!」
耳はかなり効くようだ。

しばらく愛撫を続け、息も荒くなり、もうびしょ濡れだろうと思い、ゆっくりとゆいちゃんの下の方へ手を滑らしたその時、突然腕を掴まれた。

ゆい「だめ…」
俺「…そっか、ごめんね…」

なんだか急に夢から覚めたようだった。すると、
ゆい「違う…今アレになってるの…本当ごめん」

なんというタイミングの悪さ。

俺「謝らなくていいよ、仕方ないよ。」
ゆい「ごめんね…中途半端でしょ?」

俺「うん、まぁ…」
ゆい「じゃぁ…

ゆい「手で…やろうか?」
俺「いいの?」

ゆい「うん。あたしばっかり気持ちよかったし、お返ししなきゃ」
俺は仰向けになり、ゆいちゃんが下の方にずれていく。

ゆい「…ごめん、実はあたしやったことないの(笑)ズボン、ずらせばいい?」
俺「うん(笑)」

ますます興奮してくる。
ゆい「パンツも…なんか恥ずかしい、どうしよ(笑)」

俺「ずらせる?」
ゆい「うん、がんばる…」

恐る恐るパンツをずらす。はちきれんばかりのものが飛び出す。

ゆい「初めて見た…すごーい…」
俺「今まで付き合ってきた人とはそういうことにならなかったの?」

ゆい「うん、キス止まりだった。でもAくんが初めてでよかったかも。」
ありがとう…ゆいちゃん… あ、あれ、ゆいちゃん?

ゆい「…え、次は、どうしたらいいの?(笑)」
か、かわいい…

俺「じゃぁ…それを手で握れる?」
ゆい「こう?」

俺「うん。それを、上下に動かしてみて。」
ゆい「…あってる?」

俺「ぁ、うん…ぁぁ、そんな感じ…」
ぎこちない手つきだけど、最高に気持ちいい。

俺「はぁ、はぁ…」
ゆい「気持ちいい?」

俺「うん…かなり」
ゆい「そっかぁ」

ゆいちゃんは嬉しそうな顔をしていた。

俺「ねぇ…」
ゆい「ん?」

俺「フェラ…できる?」
ゆい「…やってみる。」

俺「ありがとう」
俺のあそこに顔を近づける。

ゆい「舐めればいいの?」
俺「うん、舐めたり、くわえたり」

ゆい「わかった」
ゆいちゃんは恐る恐る口を近づけ、亀頭をぺろっと舐めた。

俺「ぅゔ!」
思わず快感に声を出してしまった。

ゆい「大丈夫?痛かった?」
俺「いや、気持ちよすぎて声がでた」

ゆい「そうなんだ」

すると自信がついたのか、全体を舐め回したり、亀頭を口に含んだり、初めてながらも頑張っていた。ただ、何回も歯が当たって痛かったけど(笑)

そろそろ限界が近づき
俺「あ、イキそう…口に出してもいい?」
ゆい「うん」

俺「…あぁ、あ!イク!」
ゆい「んん!」

どぴゅ…どぴゅ…どぴゅ…どぴゅ…

中々止まらない。快感が半端ない。
俺はしばらく放心状態だった。(次回へ続く)
関連記事

不倫相手募集~無料掲示板~


承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する