H体験談/騎乗位って気持ちいいんだな

ここは「H体験談/騎乗位って気持ちいいんだな」のページです

H体験談/騎乗位って気持ちいいんだな

その日は8vs8くらいの人数で合コンでした。

一軒目の居酒屋から、山手線ゲーム&お買物ゲームが炸裂。
見事なまでに女の子を次から次に潰していきました。

一軒目がお開きになったときには、潰しすぎて約半数の女の子が帰ってしまいました。(付き添い含む)

私が最初から目をつけていた「のんちゃん」は野郎どもの一番人気ということもあり、ガンガンに呑まされていましたが、何とか踏みとどまったようです。

二軒目に移動後、「のんちゃん」がトイレから出てきません。
男女共用のトイレをのぞいてみると、便器とお友達状態。

その頃、他の野郎どもは、「介抱なんて面倒だ!」ってことで、他の女の子と第2ラウンドをお楽しみ中。

「のんちゃん」のツレも他2名いましたが、おいらは「他の野郎どものため」&「スキあらば・・・」ということで、
女の子達を現場に返し、必死に介抱しました。

そんなコトをしているうちに、2軒目もお開き。
「のんちゃん」はおいらの介添えで何とか立っている状態でした。

その時、車で駆けつけていたおいらは、「のんちゃん」を送っていくつもりでしたが、まだ意識朦朧の「のんちゃん」は、

「ホテルに泊まるぅぅ」
おっ?そうしていただけますか?

しかし、「のんちゃん」の理性はまだ飛んでおらず、「シティホテルに泊まるぅぅ」「一番近いところはどこ?」とフラフラになりながらも、貞操を守ろうと・・・

そうこうしている内に「のんちゃん」のツレが現れ、そうなると、連れ込むことなんてできず、シティホテルまで搬送して、あとはツレの女の子におまかせしたのでした。。。

帰りの車中は野郎4名・・・家に帰り着いたのが、朝5時。
肉体的にも疲労してたが、逃した魚の大きさに精神的にもヤラれてました。

電話がなっています。見覚えのない番号。

「ハイ?」「のんです。」
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!

どうやら、ツレの子からおいらのTELを聞いたらしく、昨日のお礼の電話。おいらは、直ぐに次のアポを決めたのでした。

翌週、早速デート。
お気に入りの料理屋→バーとおいらの黄金コースでナビゲート。

終電間際、駅に向かって歩いていると公園が。
二人でひと休み。すると突然「スキ」。

へっ?基本的にヘタレですから、女の子からの突然の告白に返す言葉なんて辞書に載っていません。

キョトンとしていると、
「頑張って、告白したのにぃ。」

あっ、ありがとう・・・
「今日は酔ってないけど、泊まって行きたい・・・」

今度こそ・・・
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!

翌日、休日出勤を控えていて、帰らないと・・・
おっ、週末料金を払えるほど財布の余裕も・・・

しょうがない、恥をしのんで、
「のんちゃん、泊まる金ないです。。。_| ̄|○」

「今日は私が出すからいいよ。その代わり・・・ウフ・・・」
その笑みに応えますよ!

ホテルに入ってから、まずはシャワー。二人で入ろうかとも思ったのですが、「先に入ってくるけど、待っててね。」

笑顔で言われたら、待ちますとも。

「のんちゃん」のスペックをこのときまで、冷静に考えていませんでした。(この日はエッチするつもりではなかったので・・・)

身長155くらい?スレンダーだけど、お尻の大きい安産型。

シャワーから出てきた「のんちゃん」はラブホのパジャマに着替えて濡れ髪。それだけで愚息が反応。

落ち着いてるふりをしながらも、あわててシャワーへ。
出てくると照明は落ち、既に淫靡なふいんきが・・・(変換???)

逸る心と、愚息を押さえつけつつ、まずはチュウ。
いきなり舌が入ってくるではないですか?もう我慢できません。

パジャマの紐を解き、オッパイを拝見。
先端の葡萄を摘んでみます。

「あっ、はーん、ん。。。」
隊長!感度良好であります!大砲を用意せよ!!

発射準備は整いましたが、照準は合うのかな?と下へ手を伸ばしてみると、そこは大海のように、水を湛えているではありませんか?

「私、濡れやすいの・・・乳首触られると・・・」
辛抱たまりません。体勢を入れ替え、帽子をかぶせ、すかさずIN!

トロけそうなのを必死に我慢し、
「イっ、イクぅ・・・」の声を聞くと同時に発射しました。

ふう。チュウをしながら、ピロートークをかましていると、「のんちゃん」が下の方へ。。。

「まだ、できるよね?」
パクっ・・・レロレロ・・・

凄いテクニックで、愚息がすかさず充填します。

「もう、こんなに大きくなっちゃった。」というや否や、生のままヌルリ。
騎乗位って気持ちいいんだな。ってこのとき初めて思いました。

前後に腰をスライドしながら、上下のピストンも交えつつ、おいらは、葡萄を摘み上げることすら忘れていました。

そのまま中で逝きそうになり、どうしようかな?と思っていると、

「逝くときは、お口に出して・・・」
紅潮した頬に髪が張り付き、目もトローン。

その顔だけでも何回オナれるか???

「逝きそう・・・」というと、
「のんちゃん」はおいらから降りて、再びパクっ。

先ほどとは違い、かなり激しい舌遣い。
あっという間に逝かされてしまいました。。。

その後も、チュウ→フェラ→騎乗位→バック/正常位の流れで、朝まで、抜かれてしまいました。

「のんちゃん」は朝立つことができず、先週と同じく、おいらの肩を借りて駅まで。駅でバイバイした後、おいらは職場で爆睡。。。

結局、「のんちゃん」とは、この後、一回やった後で、自然消滅しちゃいました。

今頃、あの騎乗位を味わっているやつがいると思うと、悔しい・・・
関連記事

不倫相手募集~無料掲示板~


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する